コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨーロッパ共同体特許 ヨーロッパきょうどうたいとっきょ

1件 の用語解説(ヨーロッパ共同体特許の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヨーロッパきょうどうたいとっきょ【ヨーロッパ共同体特許】

ヨーロッパ共同体の統一特許条約(1975署名。ルクセンブルク条約あるいは第2条約とも呼ばれる)により付与される特許。EU特許ともいう。その特許の効力は共同体全域に及び,一体としてのみ登録,変動,消滅が認められ,その限りにおいては,共同体全域が一ヵ国のように扱われる。この条約は,共同体内の物資の自由流通という理念に従って作成されたものではあるが,1997年現在未発効である。 この条約が発効すれば,共同体特許に関する限り共同体は一国として扱われるが,共同体各国の国内特許法も存置されるため複雑な法状態となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ヨーロッパ共同体特許の関連キーワード黒人問題三東ルシア採石業EA-71世界女性会議木村伊兵衛写真賞井上純一伊藤咲子秘密戦隊ゴレンジャーコント55号のなんでそうなるの?

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone