コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨーロッパ共同体特許 ヨーロッパきょうどうたいとっきょ

世界大百科事典 第2版の解説

ヨーロッパきょうどうたいとっきょ【ヨーロッパ共同体特許】

ヨーロッパ共同体の統一特許条約(1975署名。ルクセンブルク条約あるいは第2条約とも呼ばれる)により付与される特許。EU特許ともいう。その特許の効力は共同体全域に及び,一体としてのみ登録,変動,消滅が認められ,その限りにおいては,共同体全域が一ヵ国のように扱われる。この条約は,共同体内の物資の自由流通という理念に従って作成されたものではあるが,1997年現在未発効である。 この条約が発効すれば,共同体特許に関する限り共同体は一国として扱われるが,共同体各国の国内特許法も存置されるため複雑な法状態となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヨーロッパ共同体特許の関連キーワードヨーロッパ共同体

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android