ライナルディ(英語表記)Rainaldi, Carlo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ライナルディ
Rainaldi, Carlo

[生]1611. ローマ
[没]1691. ローマ
イタリアの建築家。建築家ジロラモ (1570~1655) の子で,父の北イタリアのマニエリスム的作風をさらに壮大なバロック様式に発展させた。主作品はサンタンドレア・デラ・バレ聖堂のファサード (61~65) ,サンタ・マリア・イン・カンピテッリ聖堂 (63~67) 。最後の重要な作品はサンタ・マリア・マジョーレ聖堂の旧アプス (73) とシクスツス5世,6世の礼拝堂を結ぶ大ファサード (73) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ライナルディ【Carlo Rainaldi】

1611‐91
イタリアの建築家。ベルニーニボロミーニ,ピエトロ・ダ・コルトナ以後のローマ・バロック建築を主導。壁体から離れて立つ独立円柱,ドームからの明るい採光などバロック建築の基本的演出手法を発展させる。一方,北イタリア滞在の経験をもつ建築家の父ジロラモGirolamo R.(1570‐1665)の影響を受けて,サンタ・マリア・イン・カンピテリ教会では北方的な平面形式を採用し,ローマの建築界に新しい刺激を与えた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android