コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ライニー植物群 ライニーしょくぶつぐんRhynie flora

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ライニー植物群
ライニーしょくぶつぐん
Rhynie flora

イギリス北部スコットランドのライニー付近で発見された,デボン紀前期の植物群。原始陸上植物が生育した湿地の泥炭が植物遺体ごとケイ化して保存されたライニーチャート(→チャート)に含まれる。初期の維管束植物であるリニア Rhynia,維管束植物ではないが通道組織をもつアグラオフィトン Aglaophytonホルネオフィトン Horneophyton,小葉類であるアステロキシロン Asteroxylon などの多様な分類群を含み,陸上植物の初期の多様化の様子がうかがえる。ライニーチャートの中には共生菌類やダニ類などの節足動物も保存されており,初期の陸上生態系の化石ともいうべきものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ライニーしょくぶつぐん【ライニー植物群 Rhynie flora】

イギリス北部スコットランドのライニー付近の厚さ約2.5mのチャート層Rhynie chertから産する初期の化石陸上植物群。1913年にマッキーS.J.Mackieによって発見された。保存がよく茎や繁殖器官の構造がよく観察できることで有名である。この地層は最初デボン紀中期と考えられていたが,現在は約4億年前のデボン紀前期と考えられている。産出するおもな植物にはライニア・マヨールRhynia major,ライニア・ギンボニイR.gwynnevaughani,ホルネオフィトン・リグニエリHorneophyton lignieri,アステロキシロン・マッキエイAsteroxylon mackieiなどがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ライニー植物群の関連キーワード維管束植物リニア類

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android