コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ライフタイムバリュー らいふたいむばりゅー

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

ライフタイムバリュー

顧客生涯価値といわれる。自社商品・サービスに対してロイヤルティの高い顧客(愛用者)になってもらえれば、長期にわたってのリピート購入が期待できる。ライフタイム・バリューとは、このように顧客が現在から将来において企業にもたらすであろう利益から割り出される現在価値のことを言う。 企業が継続的に発展していくためには、顧客の満足度を継続的に高めることで、ライフタイム・バリューの高い顧客を確保していくことが重要である。

出典 ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

ライフタイムバリュー【life time value】

長期的に一人の顧客から得られる利益を指標化したもの。生涯価値、寿命価値ともよばれ、一回の購入額に一生涯での購入回数を乗じたりして得る。この値が大きいほど優良顧客となる。ライフ-タイム-シェア。 LTS 。 LTV 。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ライフタイムバリューの関連キーワードリレーションシップ・マーケティングデータベース・マーケティングロイヤル・カスタマーブランド・エクイティワレット・シェアパレートの法則顧客生涯価値寿命価値タイムシェアLTS一生涯LTVFSP

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android