コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ライフタイムバリュー らいふたいむばりゅー

2件 の用語解説(ライフタイムバリューの意味・用語解説を検索)

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

ライフタイムバリュー

顧客生涯価値といわれる。自社商品・サービスに対してロイヤルティの高い顧客(愛用者)になってもらえれば、長期にわたってのリピート購入が期待できる。ライフタイム・バリューとは、このように顧客が現在から将来において企業にもたらすであろう利益から割り出される現在価値のことを言う。 企業が継続的に発展していくためには、顧客の満足度を継続的に高めることで、ライフタイム・バリューの高い顧客を確保していくことが重要である。

出典|ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ライフタイムバリュー【life time value】

長期的に一人の顧客から得られる利益を指標化したもの。生涯価値,寿命価値ともよばれ,一回の購入額に一生涯での購入回数を乗じたりして得る。この値が大きいほど優良顧客となる。ライフ-タイム-シェア。 LTS 。 LTV 。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ライフタイムバリューの関連キーワードパレートの法則顧客価値総顧客価値顧客受け取り価値生涯価値商品(製品)のポジショニングCRM(カスタマー・リレーションシップ・マネジメント)顧客生涯価値バリュー・プロポジションLTV(顧客生涯価値)

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ライフタイムバリューの関連情報