コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラクチュール

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラクチュール
らくちゅーる
Jean Lacouture
(1921― )

フランスのジャーナリスト。ボルドー生まれ。ボルドー大学、パリ大学で法律、文学を修めた。1945年フランス・インドシナ派遣軍の情報将校、1947年からモロッコ代表部の情報担当官。1950年に『コンバ』紙の外交記者としてジャーナリストに転じ、以後『ル・モンド』『フランス・ソワール』で活躍、1957年『ル・モンド』外信部長。その後同紙「大記者」の地位を与えられ、フリーの立場で多数の著作を発表。邦訳書では『ベトナムの星 ホー・チ・ミン伝』『ユダヤ人アラブ人 昨日・今日・明日』などがある。[伊藤力司]
『吉田康彦・伴野文夫訳『ベトナムの星 ホー・チ・ミン伝』(1968・サイマル出版会) ▽ラクチュール著、持田坦訳『ドゴール』(1972・河出書房新社) ▽早良哲夫訳『ユダヤ人とアラブ人 昨日・今日・明日』(1979・サイマル出版会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ラクチュールの関連キーワードラクトゥール

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラクチュールの関連情報