コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラブ人 アラブじん `Arab

4件 の用語解説(アラブ人の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アラブ人
アラブじん
`Arab

一般に,アラビア語を母語とし,7世紀にイスラム教が成立して以後の歴史と伝統のなかにあって,それへの共属感覚をもち続ける人々をいう。地域的にはおもに西アジア北アフリカに住む人々を中心とする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アラブ‐じん【アラブ人】

元来は、アラビア半島に居住しアラビア語を母語とするセム系の民族。イスラム教の発展に伴って、現在では西アジアから北アフリカ各地にかけて住み、アラビア語を母語とする人々をいう。アラビア人

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

アラブじん【アラブ人】

アラビア半島を原住地とし、のちにその周辺地域に進出した人々。アラビア語を使用する。アラビア人。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アラブ人
あらぶじん
Arabs

アラブ」ということばは、ヘブライ語の「遊牧民」をさすことばから出てきたという説もあるが、一方、メソポタミアの人たちが、ユーフラテス川の西側に住む人々のことをさしていったことばで、「西」という意味のセム語から派生したとする説もある。言語学者の間にいまだ定説はない。
 アラブについての最古の記録は『旧約聖書』である。「創世紀」の第10章に、アラビア半島に住んでいる人たちのことや、アラビアの土地のことが記されている。「アラブ」ということばは使われていないが、それは、のちになってアラブとよばれるようになった人々と彼らが住んでいた地域に関する記録である。「アラブ」ということばが最初に使われているのは、紀元前853年のアッシリアの碑文においてである。シャルマネセル3世に対して反乱を起こした王子たちに、「アラブ」のギンディブと称する者が1000頭のラクダを与えたと記されている。前6世紀ぐらいまでのアッシリアやバビロニアの碑文には、「アラブ」ということばがしばしば使われている。この「アラブ」は、アラビア半島北部のシリア砂漠に住む遊牧民のことをさしていると推定される。
 当のアラブ人が、自分たちをさして「アラブ」ということばを使い出した記録は、北アラビアのほうでは、のちに正統古典アラビア語になった北アラビア語で書かれたナマーラの墓誌に出てくるものがもっとも古い。南アラビアの古代碑文は年代のはっきりしないものが多いが、おそらく紀元前末期から紀元後初期のものであろうと推定される。ここでも「アラブ」は遊牧民をさしている。
 コーランに出てくる「アラブ」は、町の人間ではない者、砂漠の遊牧民という意味で用いられており、メッカやメディナの町の住民は「アラブ」とよばれていない。ムハンマド(マホメット)の死後、アラビア語を携えたイスラムの征服活動において、「アラブ」ということばは、中央アジアから中東、北アフリカを横断して大西洋まで響き渡るものとなった。このとき、「アラブ」は、砂漠の遊牧民のことではなく、征服者とか支配者という意味になり、ペルシア人、シリア人、エジプト人などの被征服民と区別するために用いられた。しかし、10世紀になると、この征服者としてのアラブも、征服されアラブ化した非アラブも、ともにオスマン・トルコ帝国の支配下に置かれ、両者を区別する必要はなくなった。オスマン・トルコの支配者たちは、アラブの遊牧民のみを「アラブ」と称し、アラビア語を話す都市の住民と農民を「アラブの息子たち」とよんだ。
 近代におけるアジア、アフリカの民族主義勃興(ぼっこう)のなかで、都市民も遊牧民も、ともにアラブ民族としての意識をもつようになった。現在「アラブ」とよばれている人たちは多種多様であり、明確に定義することはむずかしい。さまざまな定義がなされているが、「イスラム文化を誇りとし、アラビア語を愛する者がアラブである」という点でおおかたは一致している。アラブの人々は、中東のみならず多くの国に散在しているが、国家としてアラブを自認し、アラブ連盟に加入している国は22(2004)である。それぞれの国家の利益は、アラブ民族主義と相いれない場合もあるが、全体としては、国民としての意識よりも、アラブはすべて兄弟であるという意識のほうが強い。
 第二次世界大戦前後に発見された石油によって、アラブ産油国は目覚ましい経済発展を遂げ、1973年には石油戦略を発動して世界の耳目を集めた。しかし、産油国と非産油国の格差の問題、イスラエルへの態度の差異、それにもかかわらずアラブとしての強い民族意識の存在などが絡まり合い、アラブ世界は複雑な様相をみせているのが現状である。[片倉もとこ]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アラブ人の関連キーワードアラビア文字アラビア湾マレー語アラブ世界アラブアラビア糊アラビアンライトアラビストアラビア科学ステファニテスとイクネラテス

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アラブ人の関連情報