コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラクメ

デジタル大辞泉プラスの解説

ラクメ

フランスの作曲家レオ・ドリーブフランス語による全3幕のオペラ(1883)。原題《Lakmé》。ピエール・ロティの『ロティの結婚』を題材とした作品。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラクメ
らくめ
Lakm

フランスの作曲家ドリーブの三幕からなる歌劇。1883年、パリのオペラ・コミック座初演。台本はピエール・ロチの小説にヒントを得て、ゴンディネとジルが共作。イギリス統治下のインドを舞台に、バラモン僧の娘ラクメとイギリスの軍人ジェラルドの恋を描いた作品で、異教徒を憎むラクメの父ニラカンタの反対にあった二人は死を選び、物語は悲劇的な結末を迎える。ドリーブの音楽は東洋的な異国情緒を醸し出すのに成功しており、悲劇ではあるが、管弦楽の豊かな色彩と旋律の優美さが、この作品を華やかで快活なものに仕立てている。歌の技巧的な難所も数多く、とりわけ二幕でラクメが歌う「鐘の歌」が聞かせどころとして名高い。[三宅幸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ラクメの関連キーワードデジレ ランカトーレリリー ポンスイスズミ伊藤道郎ポンド伊寿墨

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android