コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラクロス ラクロス La Crosse

10件 の用語解説(ラクロスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラクロス
ラクロス
La Crosse

アメリカ合衆国,ウィスコンシン州南西部の都市。ブラック川,ラクロス川がミシシッピ川に合流する地点に位置する。フランス人の交易所を中心に 1841年から入植開始。初期は製材業が主産業であったが,1900年頃から衰え,現在は酪農地域の商業の中心地で,農機具冷暖房機具,自動車飛行機の計器類などの工業も行われる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ラクロス
ラクロス
lacrosse

ホッケーに似た球技の一種。北アメリカインディアンが行なっていたバガタウェー baggataway呼ばれるきわめて男性的な競技を改良したもので,カナダの国技として盛んに行われている。 55m× 100mの競技場で,10名編成の2チームが,ラクロスと称する長柄 (0.9~1.8m) のスティックでゴム製のボールを相手ゴールに打込み得点を競う。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ラクロス

北米先住民の宗教儀式が始まりとされる。日本ラクロス協会によると、日本で初めてチームが結成されたのは1986年。クロスと呼ばれる、先端に網の付いたスティックで、直径約6センチのゴム製ボールをゴールに入れて得点を競う。ボールを網に入れて運ぶか、パスをつないで攻める。男女でルールが異なり、競技人数は男子が1チーム10人、女子が12人。国内の競技人口は約1万6千人という。

(2015-10-21 朝日新聞 朝刊 兵庫全県・2地方)

ラクロス

北米先住民の宗教儀式が始まりとされる。日本ラクロス協会によると、日本で初めてチームが結成されたのは1986年。クロスと呼ばれる、先端に網の付いたスティックで、直径約6センチのゴム製ボールをゴールに入れて得点を競う。ボールを網に入れて運ぶか、パスをつないで攻める。男女でルールが異なり、競技人数は男子が1チーム10人、女子が12人。国内の競技人口は約1万6千人という。

(2015-10-21 朝日新聞 朝刊 兵庫全県・2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ラクロス(lacrosse)

1チーム10人(女子は12人)の二組のチームが、先端にネットがついたスティックでボールを運び、相手ゴールにシュートをして得点を競う球技。1クオーター15分で4クオーター戦う。カナダ先住民の競技を起源とする。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ラクロス

カナダのほか米国,英国などで行われている球技の一種。最近,日本でも流行のきざしを見せている。北米インディアン起源。各12名からなる2チームで対戦し,先端に丸みをもった三角形の網を張ったスティック(長さ0.9〜1.8m)でボール(ゴム製,円周約20cm)を扱い,相手側のゴールに入れて得点を競う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

ラクロス

アメリカのゼネラルモーターズビュイックブランドで2004年から製造、販売している乗用車。4ドアの大型セダンハイブリッドエンジンを搭載するモデルもある。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ラクロス【lacrosse】

ボールを奪い合い相手のゴールに入れる野外競技で,セントローレンス川沿いに住むアメリカ・インディアンの伝統的球技〈バガタウェーbaggataway〉をイギリス人が改良し,19世紀中葉からカナダ,アメリカ,イギリス連邦諸国で行われてきた。ホッケーに似るが,ラクロスは丸みのある三角形の網に長い柄をつけた特殊なラクロスラケットを使い,その形が笏杖(しやくじよう)crosseに似ることから命名された。これで外周20cmの堅いゴム製ボールをとらえ,運び,相手方のゴールへ投げ入れる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ラクロス【lacrosse】

二チームが先端にネットのついたスティックを使ってボールを取り合い、相手のゴールに投げ入れて得点を競う球技。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラクロス
らくろす
lacrosse

カナダのネイティブアメリカンたちの間で行われていたバガタウェイという競技を起源とする球技。先端に網のついたスティックを使うホッケーに似た競技である。当初は、宗教的な意味や戦士の訓練などの目的ももっていたが、1834年にモントリオールでネイティブ・アメリカンの2組のチームがこのゲームを披露してから、白人たちの間にも普及していった。フランス人がこの競技をみて、ジュ・ド・ラ・クロスjeu de la crosse (game of the stick)とよんだことからラクロスとして広まった。クロスとは大僧正の持つ笏杖(しゃくじょう)のことである。1856年にはモントリオール・ラクロス・クラブが結成され、1867年には最初の規則がつくられた。その後アメリカの学生たちにも伝えられ、イギリスでは女子スポーツとして行われるようになった。1チームの人員は10人(女子は12人)で、周囲19.68センチメートルの硬質ゴムのボールをスティック(クロス)で運んでゴールに入れ合う。スティックの頭部(フェースの部分)には網がついているが、スティックの長さ、網の大きさはポジションによって異なり、ゴールキーパーのものがもっとも大きい。[大谷要三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラクロスの関連キーワードゲーリックフットボールオウンゴール自殺点ジャンプボールノーゴールポートボールヘルドインゴールストリートホッケーパイルアップヘルドボール

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラクロスの関連情報