ラグーレット(英語表記)La Goulette

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラグーレット
La Goulette

アラビア語ではハルクアルワーディ Halq al-Wādī。チュニジア北部,チュニス県の港町。チュニス湾とチュニス湖の間の砂州に位置し,首都チュニスとは 11kmの運河で結ばれ,その外港としてチュニス=ラグーレット港と一体に扱われている。漁船団の基地もある。ビゼルト港の精油所用の原油扱いや,スファクス港のリン鉱石輸出の増加で,港別荷扱い量の比率はやや低下したが,現在も国内最大の貿易港で,国の輸入の3分の1,輸出 (おもにリン鉱石,鉄鉱石,果実,野菜) の2分の1を取扱っている。チュニス市民の住宅地でもあり,海水浴場でもある。巨大な発電所がある。人口6万 7685 (1989推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android