コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラコーン・チャトゥリー Lakon Jatri

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラコーン・チャトゥリー
Lakon Jatri

タイの儀式舞踊。「チャトゥリー」は「呪術師」の意味。起源は南部のナコンシータンマラートに伝わる儀式に求められる。アクロバットのような動きが特徴で,たとえば頭を後ろに曲げながら開いた両足から顔を出すヨーガのようなポーズをみせる。3人の演者と歌手,音楽演奏者で構成され,仏教説話『ジャータカ』から「マノーラ」を上演する。上演前に男性演者がラム・サットという演劇の神に対して儀式舞踊を行う。 14世紀頃,次第に形態を変えて都市部に伝えられ,ラコーン・ノーク (ノークは「南部」の意) と呼ばれる舞踊劇となった。上流階級に演じられ,ラーマ2世による戯曲もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ラコーン・チャトゥリーの関連キーワードタイ舞踊

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android