コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラスコーリニコフ Raskol'nikov

1件 の用語解説(ラスコーリニコフの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ラスコーリニコフ【Raskol'nikov】

ドストエフスキーの長編小説「罪と罰」の主人公。信念にもとづいて金貸しの老婆を殺害する。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のラスコーリニコフの言及

【罪と罰】より

…ロシアの作家ドストエフスキーの長編小説(1866)。〈生きとし生けるもの〉の世界からの強い隔絶感にとらえられた青年ラスコーリニコフが,破壊欲に誘われて金貸の老婆とその妹を斧で殺す。警察の心理的追及と娼婦ソーニャの同情の圧力に押されて,彼は自首し,シベリアで懲役刑に服する。…

※「ラスコーリニコフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラスコーリニコフの関連情報