コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラズノチンツィ raznochintsy

世界大百科事典 第2版の解説

ラズノチンツィ【raznochintsy】

ロシアの雑階級人。18世紀後半~19世紀のロシアで,特権をもつ貴族と圧倒的多数の農民の中間の諸身分を指す。より狭くは,みずからの親が属する身分から意識的に離脱し,教育を受け,都市で教師,医師,法律家ジャーナリストなどの職業につく人々を指す。彼らは新旧両世界の間に生きる葛藤,苦悩の中から新しい価値観を築きあげ,身分制が残る社会,文化生活や革命運動に新段階をもたらしたが,一部には知的水準の低下を指摘される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラズノチンツィ

雑階級人」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラズノチンツィ
らずのちんつぃ
разночинцы raznochints ロシア語

18~19世紀のロシアの雑階級人、とくに特権的貴族と農奴、農民の中間に位置するさまざまな階層の出身者からなる知識人階級をいう。彼らは教師、ジャーナリスト、弁護士、医師、文学者、官吏などとして多かれ少なかれ旧体制に批判的な立場をとった。その急進的な部分は、1840年代から農奴解放運動に積極的に活躍し(ベリンスキーやペトラシェフスキー・サークルの人々)、解放後は革命運動に指導的な役割を果たした(チェルヌィシェフスキー、ドブロリューボフら革命的民主主義者、ナロードニキ)。レーニンは、彼らを「自由主義的、民主主義的ブルジョアジーの有識者層」とよび、19世紀後半(およそ1861~95年)の革命運動を雑階級的、ブルジョア民主主義的段階と規定した。[栗生沢猛夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ラズノチンツィの関連キーワードスレプツォフ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android