コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラター lata

世界大百科事典 第2版の解説

ラター【lata】

マレー人のあいだにみられる急性・一過性の精神異常状態で,危機反応としての性格をもち,被暗示性の亢進,反響症状命令自動,汚言,常同言語などからなる。病像は原始ヒステリー反応に属し,緊張病性興奮の徴候をまじえるが,これらはラターだけでなく,フィリピンのマリ・マリ,ミャンマーのヤウン・ダ・チン・ヨガ,アイヌイムなど,種々の呼称で知られる異常反応とだいたい共通で,そのため今日では一括して〈文化結合症候群culture‐bound syndrome〉と総称される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラターの関連情報