コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラター lata

世界大百科事典 第2版の解説

ラター【lata】

マレー人のあいだにみられる急性・一過性の精神異常状態で,危機反応としての性格をもち,被暗示性の亢進,反響症状,命令自動,汚言,常同言語などからなる。病像は原始ヒステリー反応に属し,緊張病性興奮の徴候をまじえるが,これらはラターだけでなく,フィリピンのマリ・マリ,ミャンマーのヤウン・ダ・チン・ヨガ,アイヌイムなど,種々の呼称で知られる異常反応とだいたい共通で,そのため今日では一括して〈文化結合症候群culture‐bound syndrome〉と総称される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ラターの関連キーワードワットプラタートドーイコンムーポルホビリノーゲンシンターゼムハンマド・ビン・トゥグルクシステインデスルフヒドラーゼカルボニックアンヒドラーゼヨハンY. ドウラターバーディー骨髄性プロトポルフィリン症リオ・プラターノ自然保護区カムペーンペット歴史公園サンギータ・ラトナーカラグレイト・プリテンダーシュエダゴン・パゴダワットドーイステープパトリック ゲッデスドウラターバーディーアフマドナガル王国ダウラターバードパガン(蒲甘)朝シュエジゴン寺

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android