ラッカーゼ

  • laccase

化学辞典 第2版の解説

EC 1.10.3.2.ポリフェノールオキシダーゼ,ウルシオールオキシダーゼともいう.銅酵素の一種.汁液,各種の微生物,菌類に分布し,ヒドロキノンポリフェノールL-アスコルビン酸などを酸化する.漆汁から得られたものは分子量1.2×105~1.4×105 である.1分子当たり4原子の銅を含み,Cu2+ にもとづく青色を呈し,水素供与体AH2を添加すると銅は一価となり無色となるが,酸素により酸化されてふたたび青色を呈する.反応機構は以下のとおりである.[CAS 80498-15-3]

  4Cu2+ + 4AH2 → 4Cu + 4AH + (4H)

  4Cu + O2 + (4H) → 4Cu2+ + 2H2O

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

緊急事態宣言(感染症)

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナウイルス特措法)に基づいて日本政府が発する布告。正式名称は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」。新型インフルエンザなど(新型コロナウイルスの適用対象期...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android