コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラッパウニ Toxopneustes pileolus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラッパウニ
Toxopneustes pileolus

棘皮動物門ウニ綱拱歯目ラッパウニ科。径 10cm,殻高 5cmに達する大型種。殻は五角形に近い円形で比較的もろく,普通は淡緑褐色であるが,変異に富む。大棘は短くて先端が丸く,赤色の幅広い色帯が3本ある。先端は白色。棘は大棘より長く,多くは先がラッパ状に広がる。叉棘の色は全体白色,または中心部のみ紫色で他は白く,ちょうど白い環が殻表にたくさんついているようにみえる。他物に接すると叉棘の基部にある毒腺より毒素を出す。産卵期は4~7月。相模湾以南の太平洋インド洋に分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラッパウニ
らっぱうに / 喇叭海胆
[学]Toxopneustes pileolus

棘皮(きょくひ)動物門ウニ綱ラッパウニ科に属する海産動物。体表を一面に小さならっぱ形の叉棘(さきょく)で覆われたウニ。叉棘は白く縁どられた紫色の花びらのような形をしていて、絶えず開閉運動を行っている。叉棘には毒腺(どくせん)があり、刺されると発赤して疼痛(とうつう)を感じる。皮膚の厚いところは被害を受けにくく、手で触って刺されることはまれである。棘(とげ)は短くて先が鈍端に終わり、緑褐色または橙(だいだい)色で白い縞(しま)がある。殻径10センチメートルぐらい。相模(さがみ)湾以南、インド洋、西太平洋の浅海域に分布する。[重井陸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ラッパウニの関連キーワードシラヒゲウニ(白鬚海胆)ラッパウニ(喇叭海胆)シラヒゲウニ喇叭海胆アカウニ白鬚海胆

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラッパウニの関連情報