ラッファー曲線(読み)ラッファーきょくせん(英語表記)Laffer curve

翻訳|Laffer curve

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラッファー曲線
ラッファーきょくせん
Laffer curve

税率を上昇させるとある点までは税収も増大するが,その点を過ぎると逆に税収が減少するという関係を示した曲線。サプライ・サイド経済学の旗頭の一人で,南カリフォルニア大学のアーサー・B.ラッファーが,1974年ワシントンのレストランでナプキンの上に描いたカーブと伝えられている。レーガン政権第1期の大幅減税政策の理論的根拠として 1980年代初頭には大きく取り上げられたが,この曲線とそこから導かれるさまざまな仮説に関しては疑問視する向きが多く,近年ではほとんど取り上げられていない。(→レーガノミクス

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ラッファー曲線【ラッファーきょくせん】

アメリカの経済学者ラッファーA.Lafferによって提唱された,税率と税収の関係を表す曲線。税率がゼロから上昇するにつれて税収も増えるが,一定の税率(最適税負担率)を超えると逆に税収は減少すると主張した。レーガン政権下のレーガノミクスにおいて注目されたサプライサイド経済学の一環をなす。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ラッファーきょくせん【ラッファー曲線】

税率が上がれば税収は増えていくが、ある点を超えると、税率の上昇はかえって税収を減らすことになることを示す曲線。レーガノミックスの減税政策の理論的基礎となった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android