コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラテン市民権 ラテンしみんけん Jus Latii

1件 の用語解説(ラテン市民権の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラテン市民権
ラテンしみんけん
Jus Latii

元来はカッシウス条約 (前 493) によって古代ローマがラテン諸市に認めた権利をさしたが,共和政末期,帝政期においては一般的に個人または共同体の地位を意味するようになった。ラテン市民はローマ市民との間に通商・通婚権などの特権を認められ,ローマ市滞在中は平民会の投票権を有し,永住すればローマ市民権が付与された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラテン市民権の関連キーワードアタナシウスカッシウスノックス条約石臼カシウスソーラス条約和親条約ウォルスキ族アルカソバス条約マラガ・トレモリノス条約

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone