コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラドウィッツ Radowitz, Joseph Maria von

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラドウィッツ
Radowitz, Joseph Maria von

[生]1797.2.6. ハルツ,ブランケンブルク
[没]1853.12.25. ベルリン
ドイツ,プロシアの軍人,政治家。カトリック教徒でキリスト教的ロマン主義と軍人至上主義の入り交った強い性格をもち,プロシアの軍事的指導によるドイツの統一を初めて主張した。 1823年プロシア陸軍に入り皇太子 (のちのフリードリヒ・ウィルヘルム4世) と親交をもった。 30年砲兵参謀長。 48年の三月革命に際し,フランクフルト国民議会プロシア代表。 50年エルフルト議会でプロシアを代表してドイツ各諸邦との連合に尽力。同年外相となり,ヘッセン=カッセルの蜂起を機にオーストリアと対峙したが,和合派に敗れ,50年 11月解任された。 52年陸軍教育総監。その後も国王との個人的友情は続いたが,その影響力は以前ほどではなかった。彼のドイツ統一の夢はビスマルクによって達成された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ラドウィッツの関連キーワードフリードリヒ・ウィルヘルム4世オルミュッツ条約ブランデンブルクオルミュッツ協定プロシア

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android