コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビスマルク ビスマルク Bismarck-Schönhausen, Otto Eduard Leopold, Fürst von

8件 の用語解説(ビスマルクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビスマルク
ビスマルク
Bismarck-Schönhausen, Otto Eduard Leopold, Fürst von

[生]1815.4.1. シェーンハウゼン
[没]1898.7.30. フリードリヒスルー
ドイツの政治家。ドイツ第二帝国の建設者。ユンカーの出身。ゲッティンゲン大学ベルリン大学で法律を学んだのち,1836年プロシアの官僚となり,47年プロシア連合州議会の議員となり,絶対主義と反動の扇動的代弁者として活躍。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ビスマルク(Otto Eduard Leopold Fürst von Bismarck)

[1815~1898]ドイツの政治家。プロイセン首相として軍備増強を強行、普墺(ふおう)普仏(ふふつ)両戦争を勝利に導き、1871年、ドイツ統一を達成、帝国初代宰相となる。保護関税政策をとって産業を育成し、社会主義運動を弾圧する一方で社会政策を推進。対外的にはヨーロッパ外交の主導権を握り、フランスの孤立化に努めた。1890年、皇帝ウィルヘルム2世と衝突して辞任。鉄血宰相

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ビスマルク

プロイセン,ドイツの政治家。ユンカー出身。1848年の三月革命に際しては反革命派として活躍。革命後プロイセン公使としてドイツ連邦議会に派遣され,駐露・駐仏大使を歴任。
→関連項目ウィルヘルム[1世]エムス電報事件大久保利通国民自由党国家社会主義ジーベルドイツビアリッツの密約ホーエンローエローン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

ビスマルク

日本のテレビアニメ『星銃士ビスマルク』(1984-1985)に登場する宇宙戦闘母艦。全高50メートル。操縦者は輝(ひかり)進児。バトロード・フォーメーションで人型ロボットに変形する。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ビスマルク【Otto Eduard Leopold Fürst von Bismarck】

1815‐98
ドイツの政治家。プロイセンのユンカーの出身。ゲッティンゲンベルリン大学に学び,プロイセンの官吏をへて,プロイセン連合州議会議員として政治活動に入る。1848年の三月革命期には極端な保守・反革命主義者として登場したが,その後,ドイツ連邦のプロイセン公使,ロシア大使,フランス大使などを歴任するなかで,プロイセン国家の拡大・強化のためにオーストリアとの対決とドイツ統一問題の利用について認識を深めた。62年プロイセン首相となり,いわゆる〈鉄血政策〉にもとづき普墺戦争(1866)に勝利するとともに,国内紛争(プロイセン憲法紛争)を収拾し,さらに71年,普仏戦争に勝利してドイツ統一を完成し,ドイツ帝国初代の宰相(1871‐90)となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ビスマルク【Otto von Bismarck】

1815~1898) ドイツの政治家。ユンカー出身。1862年プロイセン首相就任。軍備拡張を強行し、普墺ふおう・普仏戦争に勝利を得、71年ドイツを統一し宰相となる。同盟外交を展開、ヨーロッパの平和維持とフランスの孤立化を図り、内政では保護関税政策により国内産業を育成。社会主義を弾圧する一方、社会保険制度を採り入れ「飴あめと鞭むち」政策を遂行。鉄血宰相。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビスマルク
びすまるく
Otto Eduard Leopold Frst von Bismarck
(1815―1898)

ドイツの政治家。ドイツの政治的統一、帝国建設に功績があった。[木谷 勤]

保守政治家

プロイセンのユンカーの旧家に4月1日生まれる。ベルリン大学、ゲッティンゲン大学で法律を学び、プロイセンの官吏(1836~1839)になるが、まもなく辞任、故郷に帰り、領地経営に専念。1847年連合州議会議員となる。この時期は視野の狭い保守政治家で、ドイツの統一や政治改革など自由主義者の要求にいっさい耳を傾けなかった。1848年、三月革命が起こるとベルリンに出、保守派の『十字架新聞』を発行して、王制の擁護に努めた。その活躍が認められ、1851年からフランクフルト連邦議会でのプロイセン代表、1859年駐ロシア大使、1862年駐フランス大使を歴任。この間、ヨーロッパ情勢に目を開くとともに、オーストリアを排除し、プロイセンを中心とするドイツ統一の必要を信ずるようになった。[木谷 勤]

鉄血宰相

1862年9月、国王ウィルヘルム1世によりプロイセン首相に任命された。当時のプロイセンは、王権と政府が軍制改革をめぐり議会多数派と対立、窮地に陥っていた。ビスマルクは「鉄血政策」とよばれる強行策で議会と対決、軍備増強を実施した。進歩党に代表される有産市民が一見急進的な言辞を弄(ろう)しながら、二度と革命を起こす気のないことを見抜いていた。そして対デンマーク戦争(1864)、プロイセン・オーストリア戦争(1866)、プロイセン・フランス戦争(1870~1871)といった一連の戦勝の実績で国内の反対派を圧倒した。これらの戦争を通じて1871年ドイツ帝国を建設、プロイセンを中心とするドイツ統一事業を完成したが、それはドイツの市民階級が長年待ち望んでいたものであった。
 この過程はまたドイツ産業革命の完成と一致した。経済政策では自由主義を貫き、営業の自由や保護関税の廃止を進め、また鉄道、銀行、郵便など国民経済の発展に必要な制度を整備した。ドイツの資本主義はこれにより飛躍的な成長を遂げた。それゆえ、ビスマルクのドイツ統一事業は、その政治的目的がたとえ反革命であっても、旧支配層の代表が新興市民階級の要求を一部先取り実現することによって、結果的に封建社会から市民社会への移行を促進した「上からの革命」であったといえよう。このような成立の事情を反映して、ドイツ帝国の政治の仕組みはきわめて複雑で、強力な王権と弱体ながら普通選挙に基づく帝国議会が共存し、君主大権と人民主権、連邦主義と中央集権といった相反する原則が拮抗(きっこう)していた。そして全制度の中心に位置したのが帝国宰相としてのビスマルクで、憲法上は皇帝の任命する一大臣にすぎなかったが、現実にはすべての権限を一手に集めた独裁者であった。
 1870年代なかばまで、帝国議会の多数派、国民自由党を与党にして、自由主義路線を歩んだ。しかしその後、経済不況が深刻になるにつれ、ユンカーと重工業資本家が保護関税を求めるようになり、また社会民主党の急成長は支配層の間に不安を引き起こした。1878年社会主義者鎮圧法を制定して労働運動の弾圧に乗り出し、翌1879年には鉄と穀物を中心に保護関税を導入した。これは国内政策全般の保守主義への転換を意味した。[木谷 勤]

外交

一方、この時期いちばん目覚ましい成果を収めたのは外交の分野であった。対独復讐(ふくしゅう)を叫ぶフランスを孤立させ、ヨーロッパの現状を守ろうとする外交は、ドイツ・オーストリア・イタリアの三国同盟(1882)、ロシアとの二重保障条約(1886)、イギリスも加わる地中海協定(1886)を通じて完成し、ヨーロッパ外交の手綱はビスマルク一人の手に握られたかのようであった。しかし1880年代末、ルールの炭坑ストや社会政策の問題をめぐり、若い皇帝ウィルヘルム2世と対立、1890年3月辞任した。その背景には、国力を充実させたドイツが、ビスマルクの現状維持政策を乗り越え、世界政策に進もうとする新しい気運があった。
 なお、引退後もウィルヘルム2世の内外政策に対する批判を続け、さまざまな政治的波紋を投げかけたが、1894年に両者は和解した。[木谷 勤]
『木谷勤著『ドイツ第二帝制史研究』(1977・青木書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

現代外国人名録2012の解説

ビスマルク
Bismark


国籍
ブラジル

専門
サッカー代理人;元・サッカー選手

本名
Bismarck Barreto〉 ビスマルクバレット〈Faria ファリア

生年月日
1969/9/17

出生地
リオデジャネイロ郊外サォン・ゴンサーロ

経歴
6歳からサッカーを始め、13歳でブラジルの名門バスコ・ダ・ガマに入団。1987年プロ契約。攻撃的MFとして抜群のテクニックスピードで’89年19歳の時ユース代表となり、世界ユース選手権MVPを獲得。同年ブラジル代表入りを果たし、’90年W杯イタリア大会、’91年キリンカップに出場。’93年6月レンタル契約でJリーグヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ)に入団し第2ステージから出場。3回のリーグ優勝に貢献し、’94年、’95年Jリーグ・ベストイレブンを受賞した。’97年1月天皇杯優勝後、鹿島アントラーズに移籍、同年第1ステージ優勝に貢献。’98年、2000年年間優勝に貢献。2002年ブラジルに戻り、フルミネンセ、ゴイアスプレー。2003年9月再びJリーグのヴィッセル神戸でプレーし、現役を終える。引退後は代理人の道を選び、2004年ブラジルで会社を設立。

出典|日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)
(C) 2012 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のビスマルクの言及

【グレート・デーン[種]】より

…狩猟が行われなくなって以来,頑強で巨大な体軀(たいく)を残し,温和で柔順な性格に育種改良された。ドイツの宰相ビスマルクがこのイヌを護身犬としてひざもとにおいた話は有名。また狭いアパートの部屋でも容易に飼いうる唯一の巨大犬であるといわれる。…

【国有鉄道】より

…その理由の一つは,ドイツに代表される潮流で,中央集権の確立と国防力強化の手段として鉄道を国有化したことである。1879年ビスマルクはプロイセンの鉄道を国有化し,1918年のワイマール共和国成立で国有化が完了した。現在のドイツの連邦鉄道は国の行政機関の一部であるが,ある程度の自主性を与えられた企業体である。…

【三国同盟】より

…英仏露三国協商と対立し,第1次世界大戦の一方の陣営を形成した。ドイツ帝国成立後のビスマルク外交の目標は,フランスを孤立させ,その対独復讐戦争を防止することにあった。ビスマルクは1881年にドイツ,オーストリア・ハンガリー,ロシアの間に三帝同盟を成立させたが,イタリアがチロル,トリエステをめぐってオーストリア・ハンガリーと不和であったことから,フランスに接近するのを恐れていた。…

【社会主義者鎮圧法】より

…ドイツの社会主義運動は1875年にアイゼナハ派とラッサール派が合同してドイツ社会主義労働者党(後のドイツ社会民主党)が結成されて以来,勢力の伸張が目ざましかった。ビスマルクはこれを危険視し,弾圧の機会をうかがっていたが,78年5,6月あいついで起こった皇帝狙撃事件を利用し,帝国議会にいわゆる社会主義者鎮圧法を上程し,同年10月強引に成立させた。この法律は社会主義的傾向をもつ政党や労働組合の結社・集会を禁止し,新聞・雑誌・ビラの印刷・配布を禁じ,〈危険分子〉を特定地域から追放する権限を警察に与えた。…

【社会保障】より

…資本主義の発展とともに賃金労働者が急増したが,彼らは失業,労働災害,老齢退職などの社会的リスクに不断にさらされ,きわめて不安定な生活状態におかれている。西ヨーロッパ諸国では労働者の共済組織として任意制の保険がつくられていたが,これをより広範な労働者階層に拡大するために強制加入の社会保険を創設したのは,ドイツ帝国の鉄血宰相ビスマルクであった。これは後進資本主義国ドイツの工業化が進み,19世紀末には階級対立が激化して急進的な社会主義運動が激しくなったことから,この息の根を止めるために賃金労働者の深刻な生活不安を緩和するという名目で生まれたものであり,飴と鞭の政策の一端を担うものとされていた。…

【ドイツ・オーストリア同盟】より

…単に二国同盟Zweibundとも,また独墺同盟ともよばれる。1878年ベルリン会議以後,ドイツとロシアとの関係が悪化したので,ビスマルクはオーストリアとの結合を強め,79年10月7日,両国間の秘密軍事同盟がウィーンで調印された。この条約は,締約国の一国がロシアから攻撃された場合,他の一国が共同して戦い,ロシア以外の国の攻撃をうけたときには好意的中立を守ることを義務づけていた。…

【ドイツ帝国】より

…ドイツで帝制をとった国家は史上2度あり,第1は神聖ローマ帝国(962‐1806),第2がビスマルクのドイツ統一により実現したドイツ帝国(1871‐1918)で〈第二帝国〉ともいう。ヒトラーのナチス国家(1933‐45)もこれに次ぐものとして〈第三帝国〉を称した。…

【普墺戦争】より

…このドイツ統一の覇権争奪をめぐり普墺両国の対立も深化していた。プロイセン首相ビスマルクは,イタリアとの同盟を結び,フランス・ロシアの介入を阻止しつつ,オーストリアを戦争へと追い込んだ(1866年6月)。プロイセン軍はオーストリア軍をボヘミアのケーニヒグレーツKöniggrätzの戦で破って大勢を決し,大方の予想を裏切り,戦いはわずか7週間で決着がつけられた。…

【福祉国家】より


[福祉国家の理念]
 福祉国家の基底にある理念もまた,ある特定の哲学に基づいて形成されたものではなく,時代を異にして生まれた幾多の思想や哲学に起源を発し,それらが結合され融合されて今日にいたったものである。フランス革命の自由・平等・友愛,J.ベンサムによる功利主義,ビスマルクの社会保険の方式,ウェッブ夫妻のナショナル・ミニマム原則,ベバリッジの社会保障などは,その代表的なものである。これらの思想や理念にかなりの違いがあるにもかかわらず,ビスマルクを別にすると市民的自由を基礎とし,人道主義と平等主義を追求しているという点に共通性がある。…

【普仏戦争】より

…フランス側においては,メキシコ遠征の失敗と国内政情の不安から,ナポレオン3世は名誉回復をねらって,プロイセンへの冒険的対決の道につき進んだ。プロイセン首相ビスマルクは,スペイン国王選出問題を利用して,フランスを開戦へと挑発し,プロイセン王家の支流の王子レオポルトのスペイン王位就任をめぐり,普仏両国の対立は深まった。1870年7月14日,フランスの開戦決定をもって両国間に戦端が開かれた。…

【プロイセン】より

…しかるにウィルヘルムは軍部の要求をいれて,プロイセン改革時代の理念をふみにじるような陸軍の改組拡充計画に乗り出したため,このころ議会で多数を占めた自由主義者と激しい対立におちいった。そこで61年,彼がウィルヘルム1世として即位すると,王はユンカー出身の保守主義政治家ビスマルクを招いて首相に任じ(1862),ここに軍事予算問題をめぐる〈プロイセン憲法紛争〉が燃え上がった。ビスマルクは議会の反対を無視して軍備拡張を強行,この軍事力と巧みな外交工作により普墺戦争でオーストリアを倒し,プロイセンを盟主とする北ドイツ連邦を組織,さらに普仏戦争の勝利により,南ドイツ諸邦をもこれに組み入れるかたちでドイツ帝国の建設をなしとげた。…

【プロイセン憲法紛争】より

…このことはプロイセン憲法体制の性格とあり方をめぐる対立へと発展した。さらに自由主義者左派グループによるドイツ進歩党Fortschrittsparteiの結成(1861)とビスマルクの首相就任(1862)は,下院と政府の対立をいっそう激化させた。この紛争は,普墺戦争の勝利によって軍備拡張の成果が示されたことによって鎮静化し,ドイツ進歩党は分裂し,ビスマルク与党の国民自由党Nationalliberale Parteiが結成された。…

【文化闘争】より

…ドイツ統一後,帝国宰相ビスマルクが行ったカトリック弾圧政策と,その結果生じた政府・カトリック間の争い。文化闘争の呼称は,フィルヒョーが使用した用語,〈文化に対する闘争〉に由来する。…

※「ビスマルク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ビスマルクの関連キーワード北ドイツ連邦ドイツ工作連盟トライチュケユンカー鉄十字勲章リンカーンの夢古代プロイセン語ラドウィツオストプロイセンプロイセン語

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ビスマルクの関連情報