コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フランクフルト国民議会 フランクフルトこくみんぎかいDeutsche Nationalversammlung; Frankfurter Nationalversammlung

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フランクフルト国民議会
フランクフルトこくみんぎかい
Deutsche Nationalversammlung; Frankfurter Nationalversammlung

1848年フランクフルトアムマインで開かれたドイツ最初の全国的議会。ウィーン,ベルリンの三月革命に先立ち,3月5日南ドイツの自由主義者 51名がまずハイデルベルクに,次いで3月 30日から4月3日にかけて全ドイツの著名な自由主義者および主要団体の代表者がフランクフルトアムマインに参集して予備会議を開き,各邦から普通選挙によって議員を選出することを決定。これに基づいて5月 18日,同地のパウロ教会でドイツ国民議会が開催された。議員定数は 831名であったが,開会式列席者は 330名,その後は平均 400~500人が出席した。 48年 12月には「ドイツ国民の基本権」を公表し,これに基づくドイツ国民憲法を翌年3月公布。この憲法は立憲君主制を採用し,ドイツ皇帝の帝冠をプロシアフリードリヒ・ウィルヘルム4世に捧げることを定めたが,王はこれを拒絶した。このため南西ドイツ一帯に憲法擁護のための反乱が起ったが,プロシア軍により鎮圧され,一方プロシア政府は自国の議員を召喚し,他国もこれにならい,穏健派はフランクフルトアムマインを去ったので,議会には結局左派のみが残存した。これら左派は,49年5月シュツットガルトで会合を重ねたが,ウュルテンベルク政府の武力弾圧によって解散させられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

フランクフルト‐こくみんぎかい〔‐コクミンギクワイ〕【フランクフルト国民議会】

1848年5月、フランクフルトで開かれたドイツ初の国民代表議会。ドイツ統一の方式や憲法制定を議し、プロイセン王をドイツ皇帝に推したが拒絶され、反革命政府の武力弾圧を受けて解散。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

フランクフルト国民議会【フランクフルトこくみんぎかい】

ドイツ国民議会とも。三月革命の結果,1848年フランクフルト・アム・マインで開かれたドイツ最初の全国的議会。ドイツ連邦諸国代表で構成。主としてドイツ憲法の作成に従事したが議論に明け暮れ,またドイツ統一の構想では小ドイツ主義大ドイツ主義の争いのため議事難航,49年立憲君主制に基づく憲法を公布,プロイセン国王フリードリヒ・ウィルヘルム4世にドイツ皇帝位を奉呈したが拒絶され,議会は崩壊した。
→関連項目カンプハウゼンフランクフルト・アム・マインヨハン

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フランクフルトこくみんぎかい【フランクフルト国民議会 Deutsche verfassunggebende Nationalversammlung】

1848年の三月革命(48年革命)に際し,ドイツ統一憲法を審議するためにフランクフルト・アム・マインで開かれた史上最初の全ドイツ議会。成年男子を有権者とし,住民5万人に1人の割合で全ドイツから選ばれた議員585名から成り,フランクフルトのパウルス教会を議場として5月18日に開会。議員たちは文字どおりドイツの〈選良〉で,〈教授議会〉の異名をもつほど学者が活躍したが,議員の職業構成は裁判官157,高級官吏118,弁議士66,教師57,大学教授49,また農業経営者60,商人46などで,官吏が非常に多いことが特徴である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

フランクフルトこくみんぎかい【フランクフルト国民議会】

1848年、ドイツ三月革命後、フランクフルトで開かれたドイツ初の全国的議会。49年3月、立憲君主制を採用したドイツ憲法を成立させたが、推戴されたプロイセン王が即位を拒否したため、憲法実現に至らず、同年解散。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フランクフルト国民議会
ふらんくふるとこくみんぎかい
Deutsche Nationalversammlungドイツ語

「一八四八年の革命」(三月革命)の過程で、準備議会を経て、5月18日フランクフルトFrankfurtの聖パウロ教会に開設されたドイツ最初の国民議会。その任務は、ドイツ統一のための憲法草案を審議することであった。議会では、共和制を主張する急進民主主義者は初めから排除され、立憲君主制のもとでの自由主義的改良を目ざす穏健派が多数を占めた。しかも後者の間では、オーストリアを盟主として統一を達成しようとする大ドイツ主義と、オーストリアを除外しプロイセンを中心に統一を実現しようとする小ドイツ主義とが対立して審議は難航した。しかし、ウィーンとベルリンで革命勢力が敗北する状況のなかで、ついに小ドイツ派が多数を制し、49年3月28日、議会はドイツ国憲法を公布すると同時にプロイセン国王フリードリヒ・ウィルヘルム4世をドイツ皇帝に選出した。ところが国王が即位を拒絶したため、国民議会は事実上崩壊した。これに抗議して、南西ドイツでは憲法擁護のための反乱が起こり、5月末になっても左派議員たちはシュトゥットガルトに場所を移してなお議会を続けた(残骸(ざんがい)議会)が、すべてプロイセンの武力によって鎮圧され、6月に国民議会はあえない最期を迎えた。[良知 力]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のフランクフルト国民議会の言及

【フランクフルト・アム・マイン】より

…このおりに古い市壁と三十年戦争期に構築されていた稜堡は取り壊され,美しい緑地帯に変えられた。
[自由と統一――フランクフルト国民議会]
 1816年トゥルン・タクシス宮は,ドイツ連邦議会の所在地となった。自由と統一を求める民族運動のなかで,この反動的な議会の改廃を求める急進派学生と手工業者は,33年哨兵本部を襲って政治犯を解放し,一斉蜂起を企てたが失敗し,ただちに弾圧をうけた。…

【48年革命】より

…集会やデモの続いていたベルリンでは3月18日に事態は市民・労働者と軍隊の全面的衝突に発展し,全市にバリケードを築いて闘った市民・労働者がプロイセン史上初めて常備軍を打ち破った。このウィーンおよびベルリンにおける〈三月革命〉において労働者・小市民層は積極的な役割を果たし,社会革命への期待を抱かせたが,4月以降〈フランクフルト国民議会〉が人々の関心を集めていく。3月5日のハイデルベルク集会,3月30日のフランクフルトの〈準備議会〉を経て5月18日に召集された〈国民議会〉においては結局ガーゲルンらの穏健自由主義者が主導権を握り,〈ドイツ連邦〉との妥協を図りながらもっぱら憲法討議に時間を費やしていく。…

※「フランクフルト国民議会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フランクフルト国民議会の関連キーワードフリードリヒ・ウィルヘルム(4世)フリードリヒ・ウィルヘルム[4世]ワイツ(Georg Waitz)レヒベルク=ローテンレーウェンプロシア=オーストリア戦争ヨハン[オーストリア大公]シュメアリングツィンマーマンスラブ人会議ラドウィッツフィッシャーバッサーマンハルコルトドロイゼンウーラントダールマングリューンガーゲルンヤコービーゲルビヌス

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android