コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラヌッサン Jean Marie Antoine de Lanessan

1件 の用語解説(ラヌッサンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ラヌッサン【Jean Marie Antoine de Lanessan】

1843‐1919
フランスの医師。フランス領インドシナ連邦総督(在任1891‐94)で,インドシナにおける協同主義的近代植民政策の推進者。1886年医師としてインドシナに渡り,植民地研究にあたったが,91年フレイシネ内閣により総督に任命された。当時,インドシナ連邦は巨額の財政赤字バンタン(文紳)蜂起などによる治安の悪化のため,フランス資本の導入が妨げられ,コーチシナを除いて放棄論さえ起こっていた。ラヌッサンアンナントンキン理事長官P.ベールの施策を継いで協同政策をとり,ベトナム人官吏の権限を強化し,フエ宮廷の北部ベトナム(トンキン)に対する宗主権を確認し,村落共同体の自律性を温存した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ラヌッサンの関連キーワード石英岩サイモン委員会小森桃塢平田篤胤墓アヘン戦争天保の改革有地品之允アフガン戦争アメリカ美術堀内家

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone