コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラヌッサン(英語表記)Jean Marie Antoine de Lanessan

世界大百科事典 第2版の解説

ラヌッサン【Jean Marie Antoine de Lanessan】

1843‐1919
フランスの医師。フランス領インドシナ連邦総督(在任1891‐94)で,インドシナにおける協同主義的近代植民政策の推進者。1886年医師としてインドシナに渡り,植民地研究にあたったが,91年フレイシネ内閣により総督に任命された。当時,インドシナ連邦は巨額の財政赤字とバンタン(文紳)蜂起などによる治安の悪化のため,フランス資本の導入が妨げられ,コーチシナを除いて放棄論さえ起こっていた。ラヌッサンはアンナン・トンキン理事長官P.ベールの施策を継いで協同政策をとり,ベトナム人官吏の権限を強化し,フエ宮廷の北部ベトナム(トンキン)に対する宗主権を確認し,村落共同体の自律性を温存した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報