コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラハマン ラハマン Lachmann, Karl (Konrad Friedrich Wilhelm)

2件 の用語解説(ラハマンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラハマン
ラハマン
Lachmann, Karl (Konrad Friedrich Wilhelm)

[生]1793.3.14. ブラウンシュワイク
[没]1851.3.13. ベルリン
ドイツの言語学者,文献学者。ライプチヒゲッティンゲンで学び,1825年以降ベルリン大学教授。古高,中高ドイツ語の研究,ホメロスの『イリアス』に関する諸考察,新約聖書の編纂などの業績があり,厳密な文献批判の方法を確立したことでも知られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ラハマン【Karl Lachmann】

1793‐1851
ドイツの古典文献学者で,ゲルマン文献学の開拓者の一人。ブラウンシュワイクに生まれる。1925年以降ベルリン大学教授,30年プロイセン科学アカデミー会員となる。古典文献学の方法を中高ドイツ文学に適用し,ワルター(フォーゲルワイデの)の詩をはじめとして数多くの作品を校訂し,本文批判の基礎を築いた。《ニーベルンゲンの歌》の原型について歌謡説を唱え,学界に波紋を投じ,またレッシング全集を監修して,近代文学の本文批判に先鞭をつけた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラハマンの関連キーワードグリムグリム兄弟ジムロック文献学ケレーニイシュピッタHeiberg,J.L.(文献学者)《スペイン文献学評論》スラブ文献学日本文献学

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラハマンの関連情報