コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラハマン ラハマンLachmann, Karl (Konrad Friedrich Wilhelm)

2件 の用語解説(ラハマンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラハマン
Lachmann, Karl (Konrad Friedrich Wilhelm)

[生]1793.3.14. ブラウンシュワイク
[没]1851.3.13. ベルリン
ドイツの言語学者,文献学者。ライプチヒゲッティンゲンで学び,1825年以降ベルリン大学教授。古高,中高ドイツ語の研究,ホメロスの『イリアス』に関する諸考察,新約聖書の編纂などの業績があり,厳密な文献批判の方法を確立したことでも知られる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ラハマン【Karl Lachmann】

1793‐1851
ドイツの古典文献学者で,ゲルマン文献学の開拓者の一人。ブラウンシュワイクに生まれる。1925年以降ベルリン大学教授,30年プロイセン科学アカデミー会員となる。古典文献学の方法を中高ドイツ文学に適用し,ワルター(フォーゲルワイデの)の詩をはじめとして数多くの作品を校訂し,本文批判の基礎を築いた。《ニーベルンゲンの歌》の原型について歌謡説を唱え,学界に波紋を投じ,またレッシング全集を監修して,近代文学の本文批判に先鞭をつけた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ラハマンの関連キーワード上田秋成ジャコバン憲法バンデーの反乱サラブレッド若宮丸漂流民連邦議会の拡張函館港若宮丸渡辺崋山アジソン

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラハマンの関連情報