コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラパテア Rapatea

世界大百科事典 第2版の解説

ラパテア【Rapatea】

多くは湿地に生えるラパテア科ラパテア属Rapatea多年草の総称。長楕円形から線形葉身葉柄があって基部は広がり茎を包む葉鞘(ようしよう)になる葉を,多数出し,大きな種では長さが1.5mにもなる。花茎の頂部に小穂が多数頭状に集まった花序をつけ,花序は2枚の発達した苞葉につつまれる。花は小型で,宿存する3枚の外花被片と膜質で基部で合着した3枚の内花被片を有している。種子にはデンプン質の胚乳を有する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android