コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラパテア Rapatea

1件 の用語解説(ラパテアの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ラパテア【Rapatea】

多くは湿地に生えるラパテア科ラパテア属Rapatea多年草の総称。長楕円形から線形の葉身と葉柄があって基部は広がり茎を包む葉鞘(ようしよう)になる葉を,多数出し,大きな種では長さが1.5mにもなる。花茎の頂部に小穂が多数頭状に集まった花序をつけ,花序は2枚の発達した苞葉につつまれる。花は小型で,宿存する3枚の外花被片と膜質で基部で合着した3枚の内花被片を有している。種子にはデンプン質の胚乳を有する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラパテアの関連キーワードパテントラパスサパテアードパティキュラーパテシェラパヌイ島ラパンラパンアジールひらパー

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone