コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラピッドシティー ラピッドシティーRapid City

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラピッドシティー
Rapid City

アメリカ合衆国,サウスダコタ州南西部の都市。ブラックヒルズ (山地) の東端にあり,主産業は金,銀などの鉱業と林業。セメント,小麦粉,皮革製品などを産出。サウスダコタ鉱工業学校 (1885創立) ,地質博物館,エルスワース空軍基地などがあり,南西部にカスター州立公園とラッシュモア山国定記念物がある。人口5万 4523 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ラピッド‐シティー(Rapid City)

米国サウスダコタ州南西部の都市。鉱産物農産物集散地として発展。エルズワース空軍基地の所在地。ブラックヒルズ山地での各種レクリエーションの拠点として知られ、郊外に4人の歴代大統領の顔を刻んだラシュモア山国立記念物がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ラピッドシティーの関連キーワードアメリカ合衆国

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android