ラブライブ!(読み)らぶらいぶ!

知恵蔵の解説

ラブライブ!

女子高生アイドルグループ「μ’s(ミューズ)」の活躍を根幹においたユーザー参加型のアニメーションコンテンツ及び関連企画のこと。これらのプロジェクト名を「ラブライブ!  School idol project」としている。
雑誌「電撃G's magazine」、音楽会社ランティス、アニメーション制作会社サンライズによる共同企画で、「電撃G's magazine」が「μ’s」の最新情報やストーリー展開を掲載し、サンライズがプロモーションビデオのDVDが付いた音楽CDなどを販売している。この他、スマートフォン用のゲームアプリのリリースやライブイベントの開催など、プロジェクトは多彩なメディアを通じて展開され、その内容も多岐にわたる。2013年1~3月、14年4~6月にはTOKYO MXや読売テレビなどでテレビアニメが放送された。14年12月4日には、スマートフォン用のゲームアプリ「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル」のユーザー数は国内で600万人を突破した。「μ’s」のメンバーが登場するストーリーと共に、60曲以上の楽曲を、画面をタップすることで楽しめるリズムアクションパートが人気を呼んでいる。
ストーリーは、東京・秋葉原と神田、神保町という三つの町のはざまにある高校「音ノ木坂学院」に通う、高坂穂乃果(声優<以下同>:新田恵海)、絢瀬絵里(南條愛乃)、南ことり(内田彩)、園田海未(三森すずこ)、星空凛(飯田里穂)、西木野真姫(Pile)、東條希(楠田亜衣奈)、小泉花陽(久保ユリカ)、矢澤にこ(徳井青空)という9人の女子生徒が、統廃合の危機に瀕する学校のためにアイドルとなり、学校を有名にして入学者を増やそうと、スクールアイドルグループ「μ’s」を結成するというもの。
物語の中で結成されるミニユニットの名称やメンバーを決める際などに読者やユーザーが投票できる参加型企画が盛り込まれるなど、一体感を感じられる仕掛けが用意されているのも特徴だ。登場キャラクターの声を担当する声優も実際にライブ会場でパフォーマンスをするなど、アイドル的な人気を得ている。

(松岡理絵 フリーランスライター/2014年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

ラブライブ!

架空の学園アイドルグループを主人公とする、日本のメディアミックス企画、および同企画の作品群。学校統廃合の危機に瀕する私立の女子高「音ノ木坂学院」で、知名度をあげて学校を救おうとする生徒たちが「μ's(ミューズ)」という学園アイドルグループを結成し、友情を深め合いつつ活躍するストーリーを軸とする。出版社KADOKAWA/アスキー・メディアワークス、アニメ制作会社サンライズ、音楽会社ランティスの3社による合同プロジェクト。2010年にKADOKAWA/アスキー・メディアワークスの雑誌「電撃G's magazine」で開始された読者参加企画を皮切りに、漫画・小説・アニメ・ゲームなど、さまざまな媒体で同じ世界観の作品を展開。アニメ版の声優が、登場人物名義で作品と同名のアイドルグループを結成してランティスからデビュー、実際の音楽活動も行った。熱心なファンをさす「ラブライバー」という語が2015年の流行語大賞にノミネートされるなど、社会現象化。後継プロジェクトに「ラブライブ!サンシャイン!!」がある。

ラブライブ!

日本のテレビアニメ。架空の学園アイドルグループを主人公とするメディアミックス作品群「ラブライブ!」の作品のひとつ。放映はTOKYO MXほか。制作:サンライズ。声の出演:新田恵海、南條愛乃、内田彩ほか。2013年1月~3月に第1期(全13話)、2014年4月~6月に第2期(全13話)を放映。2015年には劇場版アニメ「ラブライブ!The School Idol Movie」を公開。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

ラブライブ!の関連情報