コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラボリ ラボリ Laborit, Henri-Marie

1件 の用語解説(ラボリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラボリ
ラボリ
Laborit, Henri-Marie

[生]1914.11.21. ハノイ
[没]1995.5.18. パリ
フランスの外科医。冬眠療法の創始者。ボルドー大学と海軍軍医学校で医学を学ぶ。 1937年フランス海軍の軍医となり,63年大佐。 46年 12月仏越戦争に従軍中,高地の雪原に放置された戦傷兵士の予後が意外に良好な事実から,旧師 J.レイリー刺激症候群を想起し,復員後,クロルプロマジンなどの自律神経抑制剤を投与し,さらに物理的な身体冷却による体温降下を併用する冬眠療法を創始した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラボリの関連キーワード電磁波ノイズ三角数ではの神いろはのい1914/愛Nアセチルノイラミン酸サハのイオン化理論園生羽女水歯郎媛Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラボリの関連情報