刺激症候群(読み)しげきしょうこうぐん(英語表記)irritation syndrome

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

刺激症候群
しげきしょうこうぐん
irritation syndrome

O.レイリーが 1934年に発表したもので,レイリー現象ともいう。本来は生理的で無害な刺激であるのに,この刺激が自律神経を介して,遠隔部位にまで病変を起すような非特異的な症候群をいう。これは,H.セリエの提唱したストレス学説を基盤とする考え方で,ストレス症候群と同様,一部疾患の病理を説明することができる。その例として胃潰瘍,急性膵壊死,心腎肝の壊死性病変,肺出血,副腎出血,血管炎などがあげられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android