レイリー(英語表記)Rayleigh, John William Strutt, Lord

  • 1842―1919
  • 3rd Baron Rayleigh, John William Strutt
  • John William Strutt Rayleigh
  • Rayleigh, John William Strutt

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1842.11.12. エセックス,マルドン
[没]1919.6.30. エセックス,ウィザム
イギリスの物理学者。ケンブリッジ大学数学優等試験に合格して卒業 (1865) 。 1873年男爵位 (第3代) を継承し,ロイヤル・ソサエティ会員となる。 J.C.マクスウェルを継いでキャベンディッシュ研究所所長 (79) 。王立研究所教授 (87) 。ロイヤル・ソサエティ会長 (1905) 。ケンブリッジ大学総長 (08) 。その研究範囲は広く,音波,光学,色彩,電磁気学,流体力学,毛管現象,粘性とほとんど物理学の全分野にわたっていた。光の散乱についてその強度と波長との関係を求め,青色の散乱光が多いことを示した (→レイリー散乱 ) 。レイリー=ジーンズの放射式をはじめ,対流に関するレイリー数など,その名を冠した法則が多い (→レイリーの干渉計 , レイリー波 ) 。気体の比重の精密測定を行い,94年,W.ラムゼーとともに空気中のアルゴンの存在を確かめた。その功績で 1904年ノーベル物理学賞受賞。 09年以降はその年に設立された航空諮問委員会の会長をつとめた。主著『音の理論』 The Theory of Sound (1877) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

1842~1919 イギリスの物理学者。音響学、弾性波の研究、電気単位の精密測定のほか、量子論前夜の熱放射理論に古典論から取り組み、レイリージーンズの放射法則を導く。またラムゼーとともにアルゴンを発見。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イギリスの物理学者。第3代レイリー男爵、本名はジョン・ウィリアム・ストラット。エセックスのラングフォードグローブに生まれ、幼少年時代は体が弱く初期の教育は中断しがちであった。1861年ケンブリッジのトリニティ・カレッジに入学。ストークスに数学を学び、1865年数学優等試験に合格し、スミス賞を受けて卒業、翌1866年トリニティ・カレッジのフェローに選ばれた。アメリカに旅行後の1868年、実験設備を買い集めて領地に私的実験室を創設した。1872年ひどいリウマチ熱に冒され、冬をエジプト、ギリシアで過ごし、1873年帰国。まもなく父が死亡したため男爵の地位を継ぎ、7000エーカー(約2835ヘクタール)の領地管理に専念するが、1876年から経営の仕事を弟にゆだね、科学的活動を再開した。1879年には実験物理学教授としてマクスウェルの後を継いでケンブリッジのキャベンディッシュ研究所所長になり、1884年まで、とくに教育体制の確立に尽力した。1885年から1896年王立協会(ロイヤル・ソサイエティー)書記官、1887年から1905年チンダルの後継者として王立研究所(ロイヤル・インスティチューション)自然哲学教授、1905年から1908年王立協会会長、1908年から1919年に死ぬまでケンブリッジ名誉総長を務めた。
 初期は光学や振動系の数学的研究に力を注ぐが、のちには音響、電気、磁気、流体力学などで名を残す貢献をし、古典物理学といわれる19世紀物理学のほぼ全分野にわたって研究を行った。とりわけ音響学、弾性波の研究には優れ、リウマチ熱の療養中に執筆したといわれる『音響学』Theory of Sound全2巻(1877~1878)は、名著として知られる。
 1882年に気体密度の再決定を提案。空気から分離された窒素は化学化合物から分離した窒素よりも重いことを明らかにし、その差を未知の元素の存在によるものと結論、1894年にはラムゼーとともに不活性気体アルゴンを発見した。この業績によって1904年ノーベル物理学賞を受けた。彼の仕事は古典分野に限られ、機械論的自然観の制約がみられるが、プランクらの仕事に注目し、1900年電磁理論とエネルギー等分配の法則からレイリー‐ジーンズの放射法則として知られる式を導いた。実験分野でも2光線干渉計や音の強さを絶対測定する装置のレイリー板を考案。また、マクスウェルの後を受け継いで電気単位の精密測定に貢献した。[高橋智子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

化学辞典 第2版の解説

イギリスの物理学者.第二代Rayleigh男爵の長男として生まれる.1861年ケンブリッジ大学のトリニティー・カレッジに入学し,1866~1871年フェロー(特別研究員)となった.1873年父の死後,第三代男爵になるとともに,ロイヤル・ソサエティ会員にもなった.1879年ケンブリッジ大学でJ.C. Maxwellの後任として実験物理学教授に就任したが,1884年ケンブリッジ大学を去り,エセックス州ターリングにある自宅で実験を継続した.1887~1905年J. Tyndall(チンダル)の後継者としてロイヤル・インスティチューションの自然哲学教授をした.研究は,音響学をはじめとして電磁気学光の散乱など物理学全体に及んでいるが,もっとも有名な業績は,1894年にW. Ramsay(ラムゼー)とともに不活性気体アルゴンを発見したことである.これにより,1904年ノーベル物理学賞を受賞した.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

出勤再開うつ

在宅勤務から出勤再開に伴う不安やストレスによって生じる心身の不調を指す俗称。2020年に新型コロナウイルスの感染拡大防止策として普及した、テレワークなどによる在宅での新しい働き方に慣れてきた頃に、緊急...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

レイリーの関連情報