コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レイリー レイリーRayleigh, John William Strutt, Lord

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レイリー
Rayleigh, John William Strutt, Lord

[生]1842.11.12. エセックスマルドン
[没]1919.6.30. エセックス,ウィザム
イギリスの物理学者。ケンブリッジ大学数学優等試験に合格して卒業 (1865) 。 1873年男爵位 (第3代) を継承し,ロイヤル・ソサエティ会員となる。 J.C.マクスウェルを継いでキャベンディッシュ研究所所長 (79) 。王立研究所教授 (87) 。ロイヤル・ソサエティ会長 (1905) 。ケンブリッジ大学総長 (08) 。その研究範囲は広く,音波,光学,色彩,電磁気学,流体力学,毛管現象,粘性とほとんど物理学の全分野にわたっていた。光の散乱についてその強度と波長との関係を求め,青色の散乱光が多いことを示した (→レイリー散乱 ) 。レイリー=ジーンズの放射式をはじめ,対流に関するレイリー数など,その名を冠した法則が多い (→レイリーの干渉計 , レイリー波 ) 。気体の比重の精密測定を行い,94年,W.ラムゼーとともに空気中のアルゴンの存在を確かめた。その功績で 1904年ノーベル物理学賞受賞。 09年以降はその年に設立された航空諮問委員会の会長をつとめた。主著『音の理論』 The Theory of Sound (1877) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

レイリー【John William Strutt Rayleigh】

1842~1919) イギリスの物理学者。音響学、弾性波の研究、電気単位の精密測定のほか、量子論前夜の熱放射理論に古典論から取り組み、レイリー-ジーンズの放射法則を導く。またラムゼーとともにアルゴンを発見。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

レイリーの関連キーワード柳亭種彦キネーアフガン戦争アヘン戦争科学史広東十三行紀行文学香港特別行政区恐竜探偵小説

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

レイリーの関連情報