コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レイリー レイリー Rayleigh, John William Strutt, Lord

3件 の用語解説(レイリーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レイリー
レイリー
Rayleigh, John William Strutt, Lord

[生]1842.11.12. エセックスマルドン
[没]1919.6.30. エセックス,ウィザム
イギリス物理学者ケンブリッジ大学数学優等試験に合格して卒業 (1865) 。 1873年男爵位 (第3代) を継承し,ロイヤル・ソサエティ会員となる。 J.C.マクスウェルを継いでキャベンディッシュ研究所所長 (79) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

レイリー(John William Strutt Rayleigh)

[1842~1919]英国の物理学者。古典物理学の全分野にわたり理論・実験の両面で研究。音響学・弾性波に業績を残し、熱放射に関するレイリージーンズの放射法則を導いた。同じ英国の化学者ラムゼーとともにアルゴンを発見。1904年ノーベル物理学賞受賞。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

レイリー【John William Strutt Rayleigh】

1842~1919) イギリスの物理学者。音響学、弾性波の研究、電気単位の精密測定のほか、量子論前夜の熱放射理論に古典論から取り組み、レイリー-ジーンズの放射法則を導く。またラムゼーとともにアルゴンを発見。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レイリーの関連キーワードモノセックスオスロエセックス岩エセックサイト-ドレライトエセックサイト斑糲岩エセックサイトひん岩エセックサイト-メラファイアパリオエセックス岩エセックサイト輝緑岩エセックス(軍艦)エセックス(王国)

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

レイリーの関連情報