コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラポアント ラポアントLapointe, Ernest

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラポアント
Lapointe, Ernest

[生]1876.10.6. ケベック,サンエロア
[没]1941.11.26. モントリオール
カナダの政治家。 1908年弁護士の資格を得,04年以来,終生自由党員として下院議員をつとめる。 21年 W. L. M.キング内閣に漁業担当相として入閣,23年の米加漁業協定にカナダ代表として署名し,これまでのイギリス代表による署名に代ってカナダの外交自治権の進捗を示した。 24~30,35年から死去するまでキング内閣の法相をつとめ,自身は徴兵制度に反対していたが,キングの右腕として第2次世界大戦中のイギリス系・フランス系カナダ分裂の危機を乗越えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ラポアントの関連キーワードおもなお雇い外国人リットン秋月の乱アトランタ・ブレーブスエジソン(アメリカの発明家)シカゴ・カブスシンシナティ・レッズスラブ音楽アブデュルハミト[2世]ロダン

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android