リットン

精選版 日本国語大辞典「リットン」の解説

リットン

[一] (Edward George Earle Lytton, Bulwer-Lytton エドワード=ジョージ=アール━、ブルワー━) イギリス政治家、小説家。「ポンペイ最後の日」、織田純一郎訳「花柳春話」の原作「アーネスト=マルトラバーズ」など多くの通俗小説を書き、政治家としては植民地相などをつとめた。(一八〇三‐七三
[二] (Victor Alexander George Robert Lytton ビクター=アレクサンダー=ジョージ=ロバート━) イギリスの政治家。(一)の。インド事務次官、ベンガル知事、インド総督代理を歴任。一九三二年、国際連盟日華紛争調査委員長として、満州事変に関する報告書を提出。(一八七六‐一九四七

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「リットン」の解説

リットン
りっとん
Edward George Earle Lytton Bulwer-Lytton, 1st Baron Lytton
(1803―1873)

イギリスの小説家、政治家。ケンブリッジ大学卒業。バイロン的ダンディーとして社交界で人気を博す。結婚後生涯家庭生活に恵まれず、収入を得るため精力的な文筆活動をしながら政界に入り、植民地相まで務めた。当時の流行を取り入れた通俗小説を多作し、『ポール・クリフォード』(1830)、『ユージン・エアラム』(1832)は犯罪小説、『ポンペイ最後の日』(1834)、『リエンツィ』(1835)、『最後の直臣』(1843)は歴史小説、そして最高作といわれる『ペラム』(1828)では当時の社交界を描いた。

[佐野 晃]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「リットン」の解説

リットン Lytton, Victor Alexander George Robert, 2nd Earl of

1876-1947 イギリスの政治家。
1876年8月9日インドで生まれる。1876年8月9日インドで生まれる。海軍省インド省政務次官などをへて国際連盟イギリス代表。1931年満州事変の国際連盟調査団長となり,昭和7年日本をへて満州(中国東北部),中国各地を視察。同年報告書(通称リットン報告書」)を提出して,満州国不承認,日本の国際連盟脱退のきっかけをつくる。1947年10月26日死去。71歳。ケンブリッジ大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「リットン」の解説

リットン(Lytton)

(Edward George Earle Lytton Bulwer-~)[1803~1873]英国の政治家・小説家。「ポンペイ最後の日」など、多数の通俗小説を書いた。
(Victor Alexander ~)[1876~1947]英国の政治家。の孫。父の任地インドで出生。インド総督代理などを経て、英国の国際連盟代表となり、満州事変の国際連盟調査団団長としてリットン報告書を作成。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android