コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラマクリシュナン ラマクリシュナン Ramakrishnan, Venkatraman

2件 の用語解説(ラマクリシュナンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラマクリシュナン
ラマクリシュナン
Ramakrishnan, Venkatraman

[生]1952. チダムバラム
インド生まれのアメリカ合衆国の化学者。1971年にインドのバローダ大学を卒業後,1976年にアメリカオハイオ大学で物理学の博士号を取得。1976~78年,カリフォルニア大学サンディエゴ校の大学院で生物学を学ぶ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラマクリシュナン
らまくりしゅなん
Venkatraman Ramakrishnan
(1952― )

アメリカの分子生物学者。インド生まれで、1971年にインドのバローダ大学物理学科を卒業してアメリカに渡り、1976年にオハイオ大学で物理学博士号を取得した。その後、カリフォルニア大学で生物学に転向し、ユタ大学教授、イギリスMRC(Medical Research Council)分子生物学研究所の上級研究員などを歴任。2009年、ヨナット、スタイツとともに「リボソームの構造と機能に関する研究」によりノーベル化学賞を受賞した。
 細胞内にあるリボソームは、生命の設計図であるDNAの情報からタンパク質をつくりだす製造工場であるが、その詳しい構造や働きはわかっていなかった。
 1980年、ノーベル賞同時受賞者のヨナットが世界で初めてリボソームの結晶化に成功した。その後、ラマクリシュナン、スタイツ、ヨナットの3人はそれぞれX線結晶解析の手法でリボソームの立体構造を原子レベルで解明した。抗生物質の多くは、リボソームの働きを妨げることで細菌を殺している。リボソームの立体構造の解明によって新薬開発の道が開かれた。[馬場錬成]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラマクリシュナンの関連キーワードアーチダムアームバンドマダムバタフライゴムバンドプログラムバンクラムバンシナゴーグドラムバーカーラムバン今枝夢梅《チラム・バラムの書》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラマクリシュナンの関連情報