コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラム島 ラムトウ

デジタル大辞泉の解説

ラム‐とう〔‐タウ〕【ラム島】

Lamu Island》ケニア東部、インド洋にある小島。島内最大の町ラムは14世紀頃に建設され、17世紀から19世紀にかけて東アフリカ有数の交易の拠点となった。旧市街には19世紀建造のラム要塞のほか、スワヒリ族によるサンゴマングローブを用いた伝統的な建造物が立ち並び、20以上のイスラム寺院が点在する。2001年「ラム旧市街」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ラム島の関連キーワードイェンゼン(Adolf Ellegard Jensen)世界の神話にみる万象の起源アドルフ・E. イェンセンアンボン[島]フェストデイクモルッカ諸島マンナール湾ハイヌウェレアンボン島バンダ諸島マルク諸島オオバタンブル[島]ミソール島イェンゼンヒクイドリマルク州植物崇拝インド洋マンダ島

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android