コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラム島 ラムトウ

1件 の用語解説(ラム島の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ラム‐とう〔‐タウ〕【ラム島】

Lamu Island》ケニア東部、インド洋にある小島。島内最大の町ラムは14世紀頃に建設され、17世紀から19世紀にかけて東アフリカ有数の交易の拠点となった。旧市街には19世紀建造のラム要塞のほか、スワヒリ族によるサンゴマングローブを用いた伝統的な建造物が立ち並び、20以上のイスラム寺院が点在する。2001年「ラム旧市街」の名称で世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ラム島の関連キーワードラム要塞ラム旧市街海洋島玄武岩都市気候アイランドキッチンアメリア島ウェーク島オングル島クレア島ココス島

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラム島の関連情報