コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラメット族 ラメットぞくLamet

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラメット族
ラメットぞく
Lamet

ラオス北西部,ナムタ川およびナムガオ川流域の山地に住む一民族。言語はモン=クメール語族に属する。主としてもち米と雑穀を,焼畑役畜を用いずに栽培する。家畜として水牛,ゼブ牛,豚,犬,鶏を飼う。平地の住民との交易を通して得る銅鼓が富の象徴となり,高価な婚資としても用いられる。1年のうち,耕作期には数戸ずつ分れて焼畑で生活し,休閑期には再び集合して村落生活を営む。村は尾根付近に位置し,杭上家屋群と中央の集会所とから成る。外婚的父系氏族組織があり,1村に必ず複数の氏族が存在する。多数の精霊が崇拝されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ラメット族の関連キーワードK. イシコヴィッチカー諸族

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android