ラモス瑠偉(読み)ラモス るい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ラモス瑠偉 ラモス-るい

1952- 昭和後期-平成時代のプロサッカー選手。
1952年2月9日生まれ。昭和52年ブラジルから来日し,読売クラブ(のち川崎ヴェルディ)に所属して日本リーグに出場。冷静なゲームメーカーのMF(ミッドフィルダー)として,得点王2回,アシスト王3回など中心選手として活躍。平成元年日本国籍を取得。翌年から日本代表入りし,司令塔として32試合に出場。10年引退。17年東京ヴェルディ1969監督。26年FC岐阜監督。リオデジャネイロ出身。ラウロゴメス工業高卒。旧名はルイ・ゴンサルベス・ラーモス・ソブリーニョ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラモス瑠偉の関連情報