コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラリトプール Lalitpur

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラリトプール
Lalitpur

ネパール中央部,バグマチ地方のカトマンズ盆地に位置する古都。別称パタン Pātan。バグマチ川南岸に位置し,北岸のカトマンズと向かい合う。前250年にアショーカ王が訪れたといわれ,当時のものといわれるストゥーパが四隅に立つ。その後ネワール族中心地,とりわけ仏教文化の中心として繁栄したが,1769年グルカー族のプリトビ・ナラヤンに征服され,大規模な略奪を受けた。しかしマヘンドラナト寺院,無数の僧院,古い宮殿などの仏教建築が残り,1979年カトマンズ,バクタプール(バドガオン)などとともに世界遺産の文化遺産に登録。今日ではネワール族のバンラ支族の中心地で,伝統的な金銀細工で知られる。2015年4月25日に発生したカトマンズ北西約 80kmを震源とするマグニチュード7.8の地震によって大きな被害を受けた。人口 22万6728(2011)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ラリトプールの関連キーワードアショーカ王

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラリトプールの関連情報