ラリー・ウォール(読み)らりーうぉーる

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ラリー・ウォール

プログラミング言語「Perl」の開発者。1986年、勤務していたユニシスのあるネットワーク・プロジェクトにおいて、システム・プログラマーを担当していた彼のもとに、西海岸に設置されたコンピューター(3台のVAXマシンと3台のSunマシン)を、東海岸に設置された同構成のコンピューターとネットワークで接続せよという任務を依頼された。彼はB-Newsと呼ばれるプログラムをお互いのマシンにインストールし、ネットワークを構築することに成功した。しかし、生成されるログファイルが西海岸と東海岸で別々に管理されていたため、そのログファイルをまとめて管理するためのツールとしてPerlを開発した。Perlは、オープンソースの一環としてネットワーク上で公開されて人気を博し、現在ではCGIの作成などの用途に広く利用されることとなった。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android