コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランカウイ島 ランカウイトウ

デジタル大辞泉の解説

ランカウイ‐とう〔‐タウ〕【ランカウイ島】

Pulau Langkawi》マレーシア、マレー半島北西岸、アンダマン海に浮かぶ島。大小100あまりの島々からなるランカウイ群島の主島。ケダー州に属す。1978年より免税特区に指定。1980年代後半より観光開発が進められ、ペナン島に並ぶ同国有数の海岸保養地になった。また、熱帯石灰岩地域に見られる鍾乳洞や隕石の衝突でできたとされる地形があり、2007年、東南アジア初の世界ジオパークに認定された。中心地は南東岸のクアタウン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ランカウイ島の関連キーワードハンディクラフトカルチャーミュージアムタンジュンルーの洞窟マチンチャン山マスリ王女の墓鷲の広場サトゥン黒砂海岸パヤ島

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ランカウイ島の関連情報