アンダマン海(読み)アンダマンかい(英語表記)Andaman Sea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北東インド洋の一部をなし,79万 8000km2の面積を有する海。北はミャンマー (旧ビルマ) のエイヤーワディデルタ,東はマレー半島,西はアンダマン諸島ニコバル諸島,南はスマトラ島マラッカ海峡に接する。名前はアンダマン諸島に由来している。南北の長さ 1200km,幅 640km。 3000m以深は海底の5%以下。アンダマン-ニコバル海嶺の東側の海底谷系列の水深は 4300mをこえる。古くから貿易船がアンダマン海を往来しており,8世紀頃から,西のインド,セイロンと東のタトン,マルタバン(モウッタマ),タボイダウェー)の旧ビルマ諸港との交易が盛んになった。ヤンゴン (旧ラングーン) と同様,パテイン,モーラミャイン,ダウェー,ベイッの港は,ミャンマーにとって他国との海上交通上きわめて重要な存在となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

インド洋の北東端にある海域。西はアンダマン諸島とニコバル諸島を隔ててベンガル湾に接し,南はマラッカ海峡を経て南シナ海に通ずる。北をミャンマー南部のデルタ地帯,東をマレー半島,南をインドネシアスマトラ島に囲まれて,南北970km,東西640kmに広がり,面積は79万8000km2。海域の南端部は中東,インド方面からシンガポールを経由して東アジアに達する主要航路が通過している。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のアンダマン海の言及

【インド洋】より


[海況]
 インド洋全体としては蒸発量が降水量と河川水量の和を上回るから海水は煮つめられる形になって平均表層塩分は一般に高くなる。ベンガル湾やアンダマン海に降水量が非常に多い上にブラフマプトラ川とイラワジ川から大量の淡水が流れこむために雨季(北半球の夏)には塩分がいちじるしく低くなる。この低塩分水は冬に北東季節風によってアラビア海へ押し出されるが,夏の南西季節風によって再び押し戻される。…

※「アンダマン海」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android