コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティモール島 ティモールとうPulau Timor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ティモール島
ティモールとう
Pulau Timor

インドネシア南部,小スンダ列島東端の島。面積3万 3900km2。全島山がちで,最高点はタタマイラウ山 (2963m) 。雨季 (12~3月) が短く,サバナが形成され,植物,動物もオーストラリア大陸系に属するものが多い。住民はテトゥム,マンバイなどの諸族,マレー人,中国人である。ビャクダン (白檀) の産地として知られたために,16世紀にポルトガル人が通商を始めたが,17世紀にはオランダが植民地化をはかり,1860年と 1914年の条約で,西半はオランダ領,東半と北西岸の飛び地はポルトガル領となった。オランダ領は 50年インドネシアのヌサトゥンガラティムール州の一部に,一方ポルトガル領の東ティモールは 76年インドネシアによって武力併合され,ティモールティムール州となったが,2002年東ティモール民主共和国として独立した。自給用にトウモロコシをはじめイネ,サツマイモなどを栽培。漁業も盛ん。コーヒー,コプラ,ゴム,タバコ,ビャクダンなどを産する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ティモール‐とう〔‐タウ〕【ティモール島】

Pulau Timor》東南アジアの小スンダ列島東端にある島。同列島最大の島で、隆起サンゴ礁からなる。島の西半分はインドネシア領の西ティモール(中心都市クパン)であり、東半分は東ティモール民主共和国(首都ディリ)として独立している。チモール

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ティモール島
てぃもーるとう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ティモール島の関連キーワードアジア・オーストラリア地中海東ティモール・東チモールバウンティ号の反乱ウィリー・ウィリーサンダルウッド油ヌサ・テンガラティモール島民スンダ[列島]ウェーバー線ピナコセラスティモール海アロール諸島パプア諸語アロル島民スンダ列島テトゥム族ウェタル島アトニ族ロティ族ミツスイ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android