コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペナン島 ペナントウ

2件 の用語解説(ペナン島の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ペナン‐とう〔‐タウ〕【ペナン島】

Pulau Pinang》マレーシア、マレー半島北西岸、マラッカ海峡北部にある島。本土とペナン大橋結ばれる。中心都市ペナン(旧称ジョージタウン)は錫(すず)やゴムの輸出港。ピナン
[補説]「彼南」とも書く。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペナン島
ぺなんとう
Pulau Penang

マレーシア本土、マレー半島北西岸に接する島。別称ピナン島。本土とは幅4.4キロメートルの海峡を隔てるにすぎない。面積279平方キロメートル。ほぼ四角形の花崗(かこう)岩からなる丘陵地で、北寄りに高さ900メートルのペナン・ヒルがそびえる。18世紀末まではケダーのスルタン領であったが、マラッカ海峡の北の入口を制する戦略的要点のため、東南アジア進出を目ざすイギリスにより1786年に占拠され、イギリス領とされた。同時にプリンス・オブ・ウェールズ島と改名され、本土に対する東岸に主都ジョージタウン(現ペナン)が建設された。ペナン・ヒルからの展望は絶景で、島は「東洋の宝石」とよばれ、観光客も多い。1985年マレー半島とを結ぶ橋(8.4キロメートル)が完成した。行政的には対岸の一部をあわせてペナン州を形成する。[別技篤彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ペナン島の関連キーワードオーシャンレースマレーシアマレー諸島マレーシア語レーシーレーシックの日インフレーション(インフレ)デフレーション(デフレ)ノーブレードレーシックペナン[島]

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ペナン島の関連情報