ランダムウォーク問題(読み)ランダムウォークもんだい(英語表記)problem of random walk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ランダムウォーク問題
ランダムウォークもんだい
problem of random walk

酔歩または乱歩の問題ともいう。酔払いが帰巣本能を失うほど泥酔していて,右へ行くやら左へ行くやらまったくでたらめに歩いているとき,この人がある歩数だけ歩いたあとにどこにいるかを確率的に求める問題。十分に歩数を多くとると,歩いたあとの位置確率分布正規分布と呼ばれる分布に近づく。たとえば 1mの歩幅で1万回の千鳥足を繰返したとすると,もしまっすぐに歩けば 10km先の地点に達しているはずなのに,この人は出発点から 100mの位置にいる確率が最も高い。ブラウン運動はこのような運動の1種と考えられる。ランダムな振動の合成などにおいても応用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マウンティング

多くの哺乳類の雄が交尾のときにとる、ほかのものに馬乗りになる行動。サルでは個体間の優位性を誇示するためにも行う。背乗り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android