コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酔歩 スイホ

デジタル大辞泉の解説

すい‐ほ【酔歩】

[名](スル)
酒に酔ってふらふらしながら歩くこと。また、その足どり。千鳥足。「酔歩する花見客」「酔歩蹣跚(まんさん)」
ランダムウオーク

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すいほ【酔歩】

( 名 ) スル
酒に酔って歩くこと。また、その足どり。千鳥足。 「阪東君が-蹣跚まんさんとして這入はいつて来る/続風流懺法 虚子
ランダムウオーク。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の酔歩の言及

【ランダムウォーク】より

…乱歩または酔歩ともいう。酔っぱらいのふらふら歩きのように,左右どちらに進むか定まらない運動の確率論的モデルがランダムウォークXn(n=0,1,2,……)で,次のように定義される。…

※「酔歩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

酔歩の関連キーワードランダムウォーク(Random Walk)サロー(Lester Thurow)ランダムウォーク問題ランダムウォーク玩具修理者蹌蹌踉踉千鳥足放吟虚子

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android