帰巣本能(読み)キソウホンノウ

  • きそうほんのう キサウ‥
  • きそうほんのう〔キサウ〕

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

動物にみられる帰巣性の、経験や学習によって説明できない生得的な部分をさして用いられる生物学用語。しかし、本能という用語の定義自体がもともとあいまいなうえに、動物の帰巣行動は、ミツバチなどの昆虫類も含めて、刷り込みimprintingや学習learningなどさまざまなレベルの要素的行動が複雑に組み合わされた行動型なので、帰巣本能という用語は慎重に使われるべきである。

[山岸 哲]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

四字熟語を知る辞典の解説

動物が遠くから自分のへ帰って来る性質、または能力。

[使用例] の行くところはしかなかった。寺への一種の帰巣本能を持つ彼にはそれはまた当然ともいえるだろう[金石範*万徳幽霊奇譚|1970]

[使用例] 動物の帰巣本能のように、に見えない匂いか信号に導かれて、私は歩いて行った[金井美恵子|1972]

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

帰巣本能の関連情報