千鳥足(読み)チドリアシ

デジタル大辞泉の解説

ちどり‐あし【千鳥足】

千鳥の歩くように、足を左右に踏み違えて歩くこと。特に、酒に酔ってふらふらと歩くこと。また、その足つき。「千鳥足で帰る」
馬の足並みが千鳥の飛ぶ姿のようであること。一説に、その馬の足並みの音が千鳥の羽音に似ているところからともいう。
「―を踏ませて、小路を狭しと歩ませらる」〈太平記・一二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちどりあし【千鳥足】

〔チドリの足運びに似ているところから〕 左右の足の踏み所がジグザクになるような歩き方。特に、酔った人のよろめきながら歩くさまにいう。
馬の足並みが乱れること。また、足音がチドリの羽音を思わせるようであることともいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちどり‐あし【千鳥足】

〘名〙
① 馬の足並みが揃足よりはげしく千鳥の飛ぶ姿のようであること。また、その歩き方。一説に、その馬の足並みの音が千鳥の飛ぶ羽音に似ているところからという(五武器談)。
※太平記(14C後)一二「侍十二人に双口(もろくち)をさせ、千鳥足(チトリアシ)を蹈せて、小路を狭しと歩ませらる」
② (千鳥の歩きかたに似ているところから) 足を、左右踏みちがえて歩くこと。特に、に酔った人がふらふらしながら歩くことのたとえ。
※新撰六帖(1244頃)五「しほがれの難波の浦のちとりあし蹈み違へたる路も恥づかし〈藤原家良〉」
※仮名草子・元の木阿彌(1680)上「ふいご祭りにたべ酔ふて、ちどりあしする風情して」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

千鳥足の関連情報