ランディス(読み)らんでぃす(英語表記)Kenesaw Mountain Landis

日本大百科全書(ニッポニカ)「ランディス」の解説

ランディス
らんでぃす
Kenesaw Mountain Landis
(1866―1944)

アメリカのプロ野球コミッショナー法曹界から1920年に初代コミッショナーとなり、44年に死去するまで同職を務めた。

 11月20日、オハイオ州ミルビルに生まれる。高校を中退した後、法曹を目ざした。1891年にイリノイ州シカゴのユニオン・ロー・スクール(現ノースウェスタン大学)を卒業した。1905年にイリノイ州連邦判事に選任され、厳格な法の番人として知られるようになった。その後、1920年に両リーグのオーナーたちから全権を与えられ、初のコミッショナーに就任。当時は、1919年に行われたシカゴ・ホワイトソックスとシンシナティ・レッズのワールド・シリーズで八百長(やおちょう)があったとされる「ブラックソックス事件」に球界全体が揺れており、秩序回復が求められていた。1921年、ジョー・ジャクソンらホワイトソックスの疑惑の8選手が大陪審で無罪の判決を勝ち取った直後に、全員を永久追放処分とした。1944年11月25日に死去、その功績をたたえられて12月には野球殿堂入りした。

[山下 健]

『J・G・テイラー・スピンク著、C・C・ジョンソン・スピンク編、片岡義男訳『裁かれた大リーグ 初代コミッショナー、ランディス判事とブラックソックス事件』(1981・ベースボール・マガジン社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android