八百長(読み)ヤオチョウ

デジタル大辞泉の解説

やお‐ちょう〔やほチヤウ〕【八百長】

《相撲会所に出入りしていた長兵衛という八百屋(通称百長)が、ある相撲の年寄と碁(ご)を打つ際に、いつも1勝1敗になるように手加減していたことからという》
勝負事で、前もって勝敗を打ち合わせておいて、うわべだけ真剣に勝負すること。なれあいの勝負。「八百長試合」
なれあいで事を運ぶこと。「八百長の質疑応答」
[補説]書名別項。→八百長

やおちょう【八百長】[書名]

新橋遊吉の短編小説。競馬の八百長に手を染める騎手を描く。昭和40年(1965)発表。同年、第54回直木賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やおちょう【八百長】

〔八百屋の長兵衛(通称八百長)という人が相撲の年寄某とよく碁を打ち、適当に勝ったり負けたりするように手かげんをしたことから出た語という〕
勝負事で、真剣に争っているように見せながら、前もって示し合わせたとおりに勝負をつけること。なれあい。いんちき。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

やお‐ちょう やほチャウ【八百長】

〘名〙 (八百屋の長兵衛、通称八百長という人がある相撲の年寄とよく碁をうち、勝てる腕前を持ちながら、巧みにあしらって常に一勝一敗になるように手加減したところからという)
① 相撲、あるいはその他の競技で、前もって勝敗を打ち合わせておき、表面だけ真剣に勝負を争うように見せかけること。
※万朝報‐明治三九年(1906)四月五日「暗々裏に此の勝負の八百長である事を示して」
② 転じて、一般に、前もってしめし合わせておきながら、さりげなくよそおうこと。なれあい。
※明治叛臣伝(1909)〈田岡嶺雲〉総敍「八百長(ヤホチャウ)や冗談にするのでない、真剣である、真面目である」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

八百長の関連情報