コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八百長 ヤオチョウ

デジタル大辞泉の解説

やお‐ちょう〔やほチヤウ〕【八百長】

相撲会所出入りしていた長兵衛という八百屋(通称八百長)が、ある相撲の年寄と碁(ご)を打つ際に、いつも1勝1敗になるように手加減していたことからという》
勝負事で、前もって勝敗を打ち合わせておいて、うわべだけ真剣に勝負すること。なれあいの勝負。「八百長試合」
なれあいで事を運ぶこと。「八百長の質疑応答」
[補説]書名別項。→八百長

やおちょう【八百長】[書名]

新橋遊吉短編小説。競馬の八百長に手を染める騎手を描く。昭和40年(1965)発表。同年、第54回直木賞受賞。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

やおちょう【八百長】

〔八百屋の長兵衛(通称八百長)という人が相撲の年寄某とよく碁を打ち、適当に勝ったり負けたりするように手かげんをしたことから出た語という〕
勝負事で、真剣に争っているように見せながら、前もって示し合わせたとおりに勝負をつけること。なれあい。いんちき。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

八百長の関連情報