ランブタン

精選版 日本国語大辞典「ランブタン」の解説

ランブタン

〘名〙 (rambutan はマレー語に由来)⸨ランブータンムクロジ科高木熱帯の代表的な果樹。マレー原産で、東南アジア、ハワイなどで広く栽植される。は高さ一五メートルにもなる。葉は互生し、五~七の小葉からなる羽状複葉。花は円錐状に集まってつき、花弁はない。果実は一〇個くらい叢生してつき楕円状球形で、長さ三センチメートルくらいで、長さ一・二センチメートル程のかい肉質刺に全面被われる。緑色で熟して鮮紅色となり、果肉は白色透明多汁質で甘ずっぱい。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android