コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラン大聖堂(読み)ランだいせいどう(英語表記)La Cathédrale Notre-Dame, Laon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラン大聖堂
ランだいせいどう
La Cathédrale Notre-Dame, Laon

フランス北部のランにある,フランス初期ゴシック(→ゴシック建築)を代表する聖堂。正式名称はノートル=ダム大聖堂。1165年頃に着工,内陣は 1180年頃に,西ファサード(→ファサード)は 1190年頃,双塔は 1230年頃に完成,ほぼ竣工をみた。頭端分が平頭で長大な内陣をもつフランスでは異色な平面構成であり,内部は 4層構成で 6分ボールトがかけられている。塔は南と北に配されているが,当初は 7本の塔が建つ予定であった。ファサードは彫りが深くダイナミックな迫力がある。13世紀の建築ノートとして有名なビラール・ド・オヌクール画帖パリ国立図書館)には,鐘塔の平面と立面が写し取られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ランだいせいどう【ラン大聖堂 Cathédrale,Laon】

フランス北部,ランの大聖堂。正称はノートル・ダムNotre‐Dame。初期ゴシック建築の代表例。パリのノートル・ダム大聖堂にやや先立って1160年ころ起工されたが,パリの静謐な構成とは対照的に,動的で起伏が多い。西正面の彫りの深い扉口はシャルトル大聖堂の側面装飾の手本となり,また建築家ビラール・ド・オヌクールの画帖に描きとめられた西正面双塔の形式とともに,とくにドイツのバンベルク大聖堂に強い影響を与えた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android