ラヴォー地区の葡萄畑(読み)ラヴォーちくのぶどうばたけ

世界遺産詳解の解説

ラヴォーちくのぶどうばたけ【ラヴォー地区の葡萄畑】

2007年に登録されたスイスの世界遺産(文化遺産)。ヴォー州にあるラヴォー地区は、同国を代表するぶどうとワインの名産地。モントレー郊外のシヨン城からローザンヌの東の郊外までの約30kmにわたるレマン湖(ジュネーブ湖)沿いの丘陵一帯に、830haのぶどうの段々畑が広がっている。最初に、ワインの生産が行われるようになったのはローマ時代。11世紀に、修道会によるワインの組織的な生産が開始され、14世紀に、現在のような段々畑が広がった。この一帯をぶどうの名産地にしたのは、豊かな土壌と気候による。この地方の気候はもともと温暖だが、段々畑の南斜面は、レマン湖の湖面に反射する日光や石壁の作用により、地中海沿岸によく似た気候をつくり出しているためである。地区によってそれぞれの銘柄がある。◇英名はLavaux, Vineyard Terraces

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android