コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラーナック城 ラーナックジョウ

デジタル大辞泉の解説

ラーナック‐じょう〔‐ジヤウ〕【ラーナック城】

Larnach Castle》ニュージーランド南島南東部のオタゴ半島中央部にある城館。ダニーデンの東約10キロメートルに位置する。1887年、富豪ラーナック家の私邸として中世ヨーロッパの城を模して建造。同国唯一の城として知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

ラーナックじょう【ラーナック城】

ニュージーランドのオタゴ半島の最高地点に立つ豪奢(ごうしゃ)な建築物で、同国内に存在する唯一の城。銀行家政治家として巨万の富を築いたウィリアム・ラーナックが、延べ200人もの人足を使い、1871年から3年以上の歳月を費やして建てた。フランス貴族の血をひく愛妻エリザのために建造したといわれている。ラーナックは1898年に国会議事堂の委員会室で自殺したが、華やかな内装からは当時の豪勢な暮らしぶりが彷彿される。1967年にはバーカー家がオーナーになり、修復が施されて一般公開されるようになった。敷地内にはすばらしい宿泊施設もある。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

ラーナック城の関連キーワードニュージーランド

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android